« ■普通の出会い | Main | ■プリントという指標 »

2008.10.07

■大人のカメラ

1007

後輩とフジヤカメラへ行った帰り道。新宿のキヤノンからエプサイト、その後、後輩と分かれて銀座のライカジャパンへ。

途中でお茶しながらカメラ話を色々と・・・

後輩はニュー5Dを気に入っていたが実際に触るのが2度目のアタシは・・・う~ん、どうもスカッとしない。最初に銀座で触った時ほどのトキメキがない。こんなんだったかなあ?平日で空いていて冷静に比べられたせいもあるが何か物足りない・・・

以前、ある一流ホテルのレストランでM8で連れの写真を2~3枚撮ってテーブルの上になにげに置いて食事をしていてもその場の雰囲気を壊すことはまったくなかった。という話を後輩にした。

今のデジ一眼でそれができるかねえ?と。ほとんどが攻撃的なデザインでまるで武器を持っているようでとてもそんなことは出来ないよね~。これは後輩も同意見。

冗談半分で「EOS/ARMANI」とかなんとかいってコラボなんかで大人向けの一眼ってできないもんかねえ~と。中身は最新のEOSで外見は肩から下げてレストランに入っても、テーブルの上に置いても馴染むデザインの一眼て。

少々高価でもいいから大人が普段持ち歩けるデザインのデジイチってどこか作ってくれないかね~と。ストラップやその他アクセサリなんかもとびっきりお洒落なものって無理かなあ~今の日本のメーカーでは・・・。

異論はあるかもしれないけれど個人的には以前からなぜかドイツ的な香りを感じる5Dにはそんなことも期待したいのですがねえ・・・いや単なる独り言、夢物語ですが。

そんなことを想いながら後輩と別れ、銀座へ。

噂のM8.2を見てきた。人の噂や実際に見てきた人の話を鵜呑みにできず、自分で確かめないと気が済まないので早速確かめに7時クローズドの30分前に。

まずシャッター音の小ささに驚いた!ノーマルでおおよそ今のM8の半分くらいの音とショックの印象。まるでフイルムライカ並み。M6なんかよりは確実に小さいと思う。

それと8.2だけのモード、分離チャージ?そんなもん使えるのかなあ?と疑ってかかっていたがこれがさらに静か!これは使える!街中のスナップなどには最高かも。

今現在、M8.2の実物は銀座に1台しかないらしい。実物を触った人、特にM8ユーザーはほとんど軽いショックを受けて帰るらしい。さもありなん・・・

あと、ほとんど否定的だったサファイアガラス。ライカジャパンのスタッフもビックリするくらい強度があるらしい。実際に液晶面をアクリルのディスプレイ台のカドにこすりつけて見せてくれた。かえってアクリルのほうが欠けそうだった。

首から下げてシャツのボタンやベルトのバックルとぶつかっても大丈夫らしい。首から下げることはほとんどない自分には縁はないけれど・・・

半光沢のブラックペイントについては賛否両論あるらしいが黒丸のライカマークと合わせていいんじゃないかな、ヴァルカナイトと相まって落ち着いた感じで。

ようやくライカらしくなったシャッターフィール、クラシックで渋いボディデザインなど、まさに大人のカメラに仕上がっている。

触ってしまった?人が少ない今のうちに予約入れないとダメかな?でもニュー5Dとかもあるし、その他色々あるし・・・無理だろうな~。(笑)

LEICA M8 / THAMBAR 90mm f2.2

|

« ■普通の出会い | Main | ■プリントという指標 »

Comments

いや赤箱のあなたはM8.2逝かない訳ないじゃないですか(爆)

Posted by: 穂夏 | 2008.10.08 at 09:14

>Hさん、いや穂夏さん
触ったらイチコロ間違いなし・・・
でも世の中であ~たとご隠居だけには言われたくない!(爆)
ところで赤箱って標準で付いてくるもんじゃないの~?ムフフ(笑)

Posted by: itamura | 2008.10.08 at 09:31

後輩です。昨日はありがとうございました。いろいろな話で盛り上がりましたね。高級レストランやパーティー会場に持って行って雰囲気を壊さないような高性能デジタル一眼、そろそろ日本は考えていいと思います。結構売れるんじゃないかと思うのですが・・・。
まさか!?、あの後Lショップ寄られたとは思いもしませんでした・・・。まあ、私には無関係(!)なお話しのようですが・・・。是非またお付き合い下さい。

Posted by: masaru aso | 2008.10.08 at 10:52

早速行かれましたね。Hさんより聞きました(笑)。
ちなみに軽くショックを受けたうちのひとりです。
フィルムライカとまでは思いませんけど。。。(笑)
でも正直、シャッターだけででも買いかえたくなりますねー。

ただ数年後にフルサイズCCDのM9(?)が出るかもと思うと
ちょっとだけ躊躇します。ちょっとだけ(笑)。

Posted by: ばくじい | 2008.10.08 at 15:54

>asoちゃん
昨日はどうもでした~
今のところライカくらいしかないのが残念だよね。なんとかなるような気もするけど今の日本のメーカーでは発想すらできないかもね。

>ばくじいさん
私もショック受けましたよ~かなり。(笑)
チャージ音を除けばフイルムライカ並みだと感じましたけど・・・今回は話半分じゃないです(笑)
躊躇?ばくじいさんとHさんはもう決めてるんでしょ!
フルサイズがM型に入るのはすくなくともあと2年はかかると思いますよ。S2が1年後なんですから・・・それもその通りになるかどうか・・(笑)

Posted by: itamura | 2008.10.08 at 16:35

あははは~
もうここだけでHさん,Bさん,それにIさんの3人の注文をお受けいたしました.毎度ありがとうございますm(_ _)m -ライカ・ジャパン

デジになった時点,あるいはAFになった時点で一眼は所有欲の惹起,デザイン性を放棄した単なる撮る道具になったと思ってます.プラスチックの外装,ドカベンのような本体... 美しくないですものねぇ... そう言う意味で,NEW 5Dも捉えればよいカメラではないでしょうか.なぁ~んてね.

Posted by: Neoribates | 2008.10.09 at 02:48

言い忘れました~
やっぱりタンバール,逝ったのねぇ~ (;´Д`)ハァハァ

Posted by: Neoribates | 2008.10.09 at 02:49

>Neoribatesさん
8.2はHさんBさんはほぼ決定、アタシは保留中です。というか今は無理でつ(笑)
デジイチでもかつてのFやF-1的なデザインをリファインして・・なんて無理なんですかねえ。

それと・・・
ご隠居が早々にバラすからに・・・開き直るしかないでしょが!まったくこのキケンな失業者~!(笑)
赤箱、マニュアル、フード、フィルタ、キャップ・・・欠けているものがない美しいたんば~る。にしてはかなりお安いと思います。写りも大当たりかと・・・ムフフ。

Posted by: itamura | 2008.10.09 at 10:20

ごもっともでございます。不惑を超えた僕が先日メインを40DからM8に換えてまず思ったのは「このカメラとだったらずっと一緒にいられるな」という気持ちでした。とか言いながらM8.2の評判にフラフラしちゃってますが・・・。

あ、はじめまして(汗)。以前よりROMさせて頂いておりました。m(_ _)m これからも素晴らしい写真となるほどと思わせる記事、楽しみにしておりマス。

Posted by: NKG | 2008.10.09 at 13:42

M8.2には一瞬ふらっと来ましたがなんとか踏みとどまっております。でもM8をお使いの人にしかわからない差がそんなにあるんですね。

タンバールは私も以前探しておりましたがなかなかいいのがなくてそのまま・・・・やっぱり色気のあるレンズですね。

Posted by: Shig | 2008.10.09 at 22:21

>NKGさん
はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
デジタルになってもやはりライカはライカですね。どんな場所でも常に持ち歩け、なおかつ作品が残せるカメラは少ないですね。私もM8はいつもお供です。

>Shigさん
お久しぶりです。頑固で慎重なShigさん、相変わらず固いですね。(笑)もしもM型でフルでノクチならば、いの一番なんでしょうが・・・あと少しのような気もしますが。
タンバールは出会い頭みたいな感じでした(笑)こいつはただのソフトレンズじゃないですねえ。しっかりとした芯のある写りは、伝説が伊達ではないことを改めて教えてくれます。

Posted by: itamura | 2008.10.10 at 01:30

私はニュー 5D、シャッター音のあまりのショボさに萎えました。(笑)
どうしてもう少し切れの良い音に出来ないんですかねぇ。

Posted by: KONDOH | 2008.10.10 at 07:52

>KONDOHさん
ライカ人類はシャッター音には拘ってしまいがちですからねえ。(笑)
普及版フルサイズのシャッター音は何がしかの理由で切り捨てられてしまうのかもしれませんね。ニコンにしてはD700が騒々しいのもそのせいかも・・・(笑)

Posted by: itamura | 2008.10.11 at 01:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■普通の出会い | Main | ■プリントという指標 »