« ■季節の終わり・・・ | Main | ■アンセル・アダムスのファインプリント »

2008.09.18

■EOS-5D Mark2

0918_3

スチルカメラのムービーと今あるムービーカメラの動画では似て非なるもの・・・と思わせてくれる予感。

記録と作品の違いというか・・・便利なズーミングや奥行き感のない絵とは違う新しいスチルムービーの可能性を感じる。明るい単焦点、ウルトラワイドなどのアングルから創られる絵の可能性にワクワクする。

作品性というものは記録時間の長い短いなどという些末なこととは無縁の世界だ。現にCMの世界などその最たるものだ。たった30秒でも強烈なメッセージは込められるものだ。

デジタルフォトの仕事世界に身を置くとスチルとムービーの境目がなくなるときがある。そういうニーズがすこしづつ増えてきている。スチルデジタルフォトグラファーということだけでは通じない時代がすぐそこまで来ていることを感じる。

そういう意味で「写真家」という肩書きに拘る人には無用のものかもしれない。フルサイズでのスチルムービーは新たなクリエイションを産む気がする。

同じムービー機能を持つAPS機、連射機能を上回るフルサイズ機、画素数を上回るフルサイズ機。一見似たような他社製カメラ。

どれも優れていると思うがこのカメラの秀逸なところは先代機がすでに高次元の能力を持っていたポテンシャルをさらに高め、正常進化させ、価格的にも戦略的な価格できたところ。

他社製のフルサイズ機がこのカメラを越えていると語る人は多いが6年前に1系で実用的なフルサイズ機を世に送り出し、3年前に先代5Dで一般ユーザーへもその門戸を開いたキヤノンを侮るなかれ。

デジタルの世界で3年の経験は想像以上に大きいものだ。それほどこのカメラは様々なポテンシャルを秘めている。字面だけのスペック比べだけでは見えてこないと思う。

使う側のセンス次第でただのフルサイズデジイチか、そうでないのかを問いかけてきている。先代は3年前も世を驚かせたが、またひとつの新たな世界を提示してきた。

と、熱くなっちまったが・・・最近キヤノンの旗色が悪く、私の周りのキヤノンファンは押し黙っているし、そうじゃない輩の鼻息がなにかと荒いので今日明日くらいはね(笑)

まあ、どんなに優れていて多機能の道具でも使い手次第というのはいつの世も同じこと。それにしてもフルサイズの贅沢なほどの選択肢。幸せな時代だ。

それから・・・ハイ、もちろんオーダー済です。突っ込まれる前に(笑)

CANON EOS-1Ds MarkⅢ / Planar T*85mmf1.2 60years

PS.
↓注目のシャッター音、ISO25600の画質、フルHDムービーに関する解説動画
http://bptv.nikkeibp.co.jp/article/080917/080917955.html

かなり画期的かと・・・

|

« ■季節の終わり・・・ | Main | ■アンセル・アダムスのファインプリント »

Comments

お久しぶりです。

見送られるかなと思っていた動画機能と、
予想以上のスペックに私もかなり期待大です。笑

動画がどんな感じになるのか、本当に今から楽しみです。

私は年明けくらいに購入しようかと思っているので、
itamuraさんの感想を楽しみにしております!

Posted by: kazui | 2008.09.18 at 20:06

輩でございます。だってーNikonは、ようやく、ようやくだったんですから。
確かに今回のMarkIIはCanon嫌いの(笑)僕でも非常に気になります。そして数年後Nikonがこれを越えるカメラを出す事を夢見てD700を使い倒しますよー。
インプレ待ってます!!
それとM7の会もやりましょうね

Posted by: 穂夏 | 2008.09.18 at 23:40

>kazuiさん
昨今のフルサイズ機については賛否両論あって色々とぎやかですが、私は今度の5Dはきちんと進化してくれた。と感じています。
おっしゃるように動画にはかなり期待しています。これも賛否ありますが・・・(笑)

>穂夏さん
格が違うよ!格が!なんてね(笑)穂夏さんも一台どう?サクッと!
M7?何のこと~?(このおバカ!! 爆)

Posted by: itamura | 2008.09.19 at 01:24

いいですね〜M7。って違うか!
自分の記事は適当ながらも、itamuraさんの意気込みを見るとこっちもやる気になってきました(笑)。
あらためてスペック見ました。なんか動画気になるな〜。

Posted by: TAKAHASHI | 2008.09.19 at 08:43

>TAKAHASHIさん
この5Dの動画は面白そうですねえ。
「面白そう!」これがすべての源泉ですね。見落とされがちですがカメラとしてのポテンシャルもかなり高そうですよ。もちろんお仲間入りですよね!(笑)

Posted by: itamura | 2008.09.19 at 11:44

穂夏さんって、やっぱり穂夏さんですよねー(笑)。

うちの弟が、値下がりした5Dを買って見せてくれたんですよ。
やっぱり一眼てデカイですねえ(笑)。
使うと欲しくなってしまいそうなので触るだけにしています。

で、ミーハーな私はブラックペイントの8.2に心奪われているわけで(←アホ)。

Posted by: ばくじい | 2008.09.19 at 12:56

>ばくじいさん
そうなんですよ!あのおバカ!あちこちでペラペラと・・・まあ、それがホゲチャンなんですが。(苦笑)
やっぱり一眼はR10(リコーじゃないやつ 笑)ですかね。ばくじいさんに似合うのは。
ムムム~8.2?な~るほどBPのズミにピッタシなわけだ~。シャッター音聞かせてね!

Posted by: itamura | 2008.09.19 at 13:15

個人ではDSLRを持ってません(D700は社有)が、5D Mark2は個人的に欲しくなりました。M8.2や壮絶な価格のノクチ0.95を買うことを思えば…って、基準がヘンですね(笑)

穂夏さん、ワダメちゃんをよろしくお願いします。若いですがしっかりした見込みのある方ですので…。

Posted by: kiku | 2008.09.20 at 06:29

itaさん:
m(__)m。。。。すんまそん

それと、割り込みになってしまいますが
kikuさん:
初めまして。
ワダメちゃんをご存知なんですね~。

Posted by: 穂夏 | 2008.09.20 at 12:33

Full High Visionじゃなかったのねぇ~
(o´_`)ノ マアマア
それにしてもどうするかなぁ...
0.95もあるしなぁ... りーまんさんに8本ばかりお土産こうてきてって言っちゃたしなぁ...┐(´д`)┌
ああ疲れた...

Posted by: Neoribates | 2008.09.20 at 15:31

訂正:じゃなかったのねぇ~ → だったのねぇ~
(;´Д`)ハァハァ

Posted by: Neoribates | 2008.09.20 at 15:45

動画畑で働いておりますが、コレはある意味革新的なカメラかな、と。
というのもフルサイズのセンサーがついている民生用のムービーカメラは
まだ存在していないんですね。ムービーカメラでそういうモノは映画用に
使われるプロ機材だけなので、(しかもまだそれも少ない)
この価格で最大12分の動画が撮れる、という事はある意味、事件です。
うーん、これで動画を撮ってみたい!

Posted by: IMAO | 2008.09.20 at 16:57

>kikuさん
ライカのおニューたちに比べればホントお安いです。って狂ってますね。モノサシが(笑)
いや同じキヤノンの1DsMark3と比べても正直ちょっとショッキングな価格です。マジで。(笑)
穂夏さんのことご存知でしたか?

>穂夏さん
いや、いつものホゲチャンだからね~しょ~がないね~(笑)
kikuさんとは以前からちょっとだけお知り合いで教会なんかでもバッタリとかの関係なんだけど。(笑)

>ご隠居
フルサイズでフルハイビジョンってスゴイですよね。確かに。でもご隠居は使わないでしょ?
0.95ノクチ8本お土産?でしめて1000万ですね!ってそんなアホな(笑)

>IMAOさん
そうですか?専門家の方から見ても革新的ですか?まさしく映画用に近い感覚ですね。
シロウト考えで大口径レンズやフィッシュアイなどで面白そうな絵が撮れそうな予感がしています。
レンズを選んでカット割きちんと決めて撮って、それを編集したらかなりハイレベルな映像が出来るんじゃないかと。
もっともそれなりのセンスは必要でしょうが(笑)

Posted by: itamura | 2008.09.20 at 20:21

蛇足ですが、動画の世界で今フルサイズセンサーの付いているカメラで
話題なのはコレです。

http://www.red.com/

Posted by: IMAO | 2008.09.21 at 08:38

穂夏さん、
ははは、実は…クライアント様です(汗)よく打ち合わせしております。

Posted by: kikuc | 2008.09.22 at 10:52

>IMAOさん
スゴイですね~。レッドワンってどこかで聞いたことあったんですが、これだったんですね。
ハイビジョンの4倍ってどんな絵なんだろう?
いずれにしても今回の5Dのチャレンジは撮り手次第で面白いことになりそうですね。

>kikuさん
ハハハ~穂夏さんは色々なところに顔突っ込みますから・・ワダメちゃんのお話はちょっと伺ってます。
kikuさん、久しぶりに今月号のデジタルカメラマガジン買ってしまいました~(笑)
実は初期の頃のNo.11あたりからトビトビですが持ってまして、No.11にもkikuさんのお名前が・・恐れ入りました。(笑)

Posted by: itamura | 2008.09.22 at 15:08

Itamuraさんが、18日にここで語られたことの具現化が、早速ピュ-リッツアー賞写真家Vincent Laforetのブログ http://blog.vincentlaforet.com で語られ(20日)、3本のビデオが彼のブログにアップ(22日、23日)されましたね。もうご覧になられたかもしれませんが...。

Posted by: Hisao | 2008.09.24 at 01:00

>Hisaoさん
はじめまして?ですかね。
ハイ、アップされてすぐに拝見しました。優秀なクリエイターが触発されると面白い世界が出来るものだな~と。やはりもともと感度の良い人間は否定的なモノの見方ではなく、新しい道具に素直に反応するものなのですね。

ウェブ上では使い方が想像できないお方たちがケンケンゴウゴウですから・・・
それにしてもLレンズ、特に単焦点での映像はインパクトありますね。1本だけFDマウントレンズが入っていたのが面白かったです。(笑)

Posted by: itamura | 2008.09.24 at 11:29

Itamuraさん
承前、はじめまして、でございます。よろしくお願いいたします。

優れたクリエイターの資質として、瑞瑞しい美的感受性と楽観的・肯定的なモノの見方とをあげておられますが、全くそうだと思いました。これに、野心を加えてもよいでしょうか。

Posted by: Hisao | 2008.09.24 at 16:00

こんにちは。

ライカの新しいS2についてはどう思われますか?
僕のような一般ユーザーには縁の無いものですが、プロの目から見てどうなのか、凄く気になります!

Posted by: フリフリ | 2008.09.24 at 16:40

>Hisaoさん
こちらこそ、よろしくです。

野心・・そうですね。自分が感動するほどのものを他の人々にも見てもらいたい!というモチベーションが野心と言うならば・・そうかもしれませんね。

ただ、ワタシの周りの一流と言われているクリエイターたちは自分自身をひけらかそうという方々はいません。
純粋に良いものを創りたい!という塊の方々ばかりです。
本当に優れた人は世の中のほうが放っておきませんよね。

>フリフリさん
こんばんわ。難しいご質問で・・・(笑)

まだ、実機も見えず、発売も1年以上先ですし、技術的なことは専門外なのでなんとも言えませんが・・・
仕事柄、S2本体とティルトシフトの30mmは興味あります。
ただ、このクラスにAFは要るのかな?まあ、S2だけでお仕事すべては済まないのでど~でしょか?
要はコストパフォーマンス次第でしょうか?完全に業務用ですから。しかもかなり狭い範囲のプロ用ですから。
現在のワタシのワークフローでは必要ないかと。趣味で使うほど裕福ではありませんし(笑)

それもこれもライカが予定通り本当に発売した場合ですが。
これが一番分らないんですよね。ライカは。(笑)

ただ、今年のフォトキナ、フタを開けてみればライカが一番
サプライズで元気だった。というのは意外でした。(笑)

Posted by: itamura | 2008.09.24 at 21:15

おはようございます。
コメントありがとうございます。

少し特殊用途向けになるんですね。
データも大きそうだし、普通に使うにはオーバースペックですよね@@

M8.2も思ったより高くて、ユーロ安になってきたんだから少しは国内価格に反映して欲しいです;;

Posted by: フリフリ | 2008.09.25 at 10:02

Vincent Laforet氏のブログ拝見しました。

予想以上ですね...。

これは、単純に動画が撮れるってレベルじゃないですね。

12分以上の長回しなんて普通は使わないので、ムービー用途としても何ら不足はないですし、今後、写真や動画にどういう変化を与えていくのか、とても楽しみです。


それと、ちなみに本日、新宿QRで実機に触ってきました。

レンズは24-70mmがついてましたが、かなり楽しめました。感触もかなり良くなった感じがしますし、視野率が98%になっているのも個人的には嬉しいポイントですね。


これで、あの価格とは、ホントに信じられないですね。笑

Posted by: kazui | 2008.09.26 at 00:25

>フリフリさん
デジタルにおいて今までのフォーマットに固執せず、独自フォーマットを作ってきたことは評価に値すると思いますがなんせ価格が一般的ではないですね。(苦笑)
おそらく3700万画素はPCにとってとんでもないことになります。2100万画素でも困るときがありますから・・・

>Kazuiさん
ホント、インパクトありますねえ。今度の動画機能は。
写真家というよりもムービー作家なんかが興奮していると聞いています。複数台使用してもそれほどのコストではないですし・・・

本体のフィーリングも色々、賛否ありますが、私も実機は触ってきましたが個人的にはかなり気に入っています。

Posted by: itamura | 2008.09.26 at 04:17

すいません、たびたび・・
ミクシーのフォーラムで知ったサイトです。
5Dのデモ映像!?です。ちょっと凄いです。

http://www.usa.canon.com/dlc/controller?act=GetArticleAct&articleID=2086

で、こちらがそのメイキング

http://wiredvision.jp/news/200809/2008092519.html

いやー、欲しくなりました。ムービーカメラ!?として。
でも最近スチールは白黒フィルムに懐古してますが。アダムス行ってきます。

Posted by: IMAO | 2008.09.27 at 05:38

失礼しました。上記リンクこちらです。

http://www.usa.canon.com/dlc/controller?act=GetArticleAct&articleID=2086

Posted by: IMAO | 2008.09.27 at 05:40

何度も申し訳ないです(*^-^)
=以下のアドレスは下記の通りです。繋げてみて下さい

=GetArticleAct&articleID=2086

Posted by: IMAO | 2008.09.27 at 05:47

>IMAOさん
情報ありがとうございます。
私もこのムービーすでに拝見しましたが・・・のけぞりました。これほど美しい映像作品が撮れる5Dは単なるデジイチではなくなってしまったようでそれも複雑?な思いです(笑)

Posted by: itamura | 2008.09.27 at 21:56

そうですか、やはりご覧になられてましたか^(*^-^)
でも本当にこれからのデジタルカメラはどうなってしまうのか?スチールカメラ、ムービーカメラの境は無くなってしまうか?僕もある意味期待と不安が入り交じった感じを抱いております。

Posted by: IMAO | 2008.09.28 at 11:03

>IMAOさん
不安な気持ちもありつつ・・・これからは旧態依然とした一眼スタイルを刷新した新たなフォーマット(LEICAのS-SYSTEMはその先駆けかも)と多機能デジカメが生まれるかもしれませんね。ただ、ニコンやキヤノンにその勇気があるかどうか・・・膨大なレンズ資産は諸刃の剣ですから。

Posted by: itamura | 2008.09.28 at 23:13

ご無沙汰です。
MkⅡの動画は楽しみにしてます。
最近ムービー関係もごにょごにょやっとりますもので...

放送業務用のデジはスチルカメラみたいに気軽に持ち歩けませんから。
かと言って民生ではフォーカス送りとか出来ませんし。
(アイリスがオートのみが残念ですが)

ところで、DP2は勿論お買い上げですよね(念押し)

Posted by: オザワエイイチ | 2008.09.29 at 17:13

>オザワさん
お久しぶりです。やはりオザワさんも5D行きますか?(笑)
私もいまどきのお仕事カメラとしてはかなり期待大です。
DP2ですか?ウ~ム(笑)DP1もこころの余裕がないとなかなかお付き合いできないのでど~なんでしょ?
もう少しシャキシャキ、クッキリハッキリだといいんですが・・相変わらず撮ってるときはGRD2!帰ってPCの前ではDP1!状態が続いております。(苦笑)

Posted by: itamura | 2008.09.30 at 00:38

itamuraさま。

5D MkⅡ逝くのは間違いないんですが、
センサーが良くなりすぎで、
テレセントリック性が悪いレンズの、
周辺の幽霊みたいな部分を愛でるという
雅な楽しみは減りそうですね。


>DP2ですか?ウ~ム
わたくし的には41mm f2.8なら、GRDより出番が増えそうです。
ただ、MFに距離ロックは必須かと...

Posted by: オザワエイイチ | 2008.09.30 at 21:43

>オザワさん
今回のCMOSは最高傑作という噂ですね。画素数との兼ね合いで少しトーンダウンしているようですが、でもお仕事的にはMark3と同画素なのでその点は助かります。性格が違っていたら(良い意味で)使い分けができるので楽しみです。
MFの距離ロック、おっしゃるとおりで・・(笑)

Posted by: itamura | 2008.10.01 at 10:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■季節の終わり・・・ | Main | ■アンセル・アダムスのファインプリント »