« ◇ 覚醒 | Main | ◇ ブリーチバイパス »

2011.10.25

◇ FUJIFILM X10

1025

FUJIFILM X10

公式発売日前の先行発売で手に入れてしまったほど久しぶりにワクワクさせられ童心に帰らされてしまったカメラ。とにかく美しいカメラだ。いつものことだがそういうカメラに弱い・・・

このカメラの発表があったときX100に続き、二匹目のドジョウ?といった印象だったのだが・・・実際に実物に触れるとまるでコンパクトライカ。ブラックボディとシボ革の質感、絶妙な大きさ重さのパッケージング。ヤラれてしまった。

ギミックっぽさは若干残るが可愛い手動ズームやあえてと思える35mm換算の焦点距離表示、トップカバー上の金属製ダイヤル類など、我々世代のツボをよく押さえてきたものだ。

欲を言えばOVF内の表示にもうひとふんばりの頑張りが欲しかったがこの値段とこのパッケージングでは多くは望めまい。X100でこういったデザインのカメラでも液晶での撮影も有りだと感じていたのでそこは問題ない。

画質に関してはコンデジの割にはと、このパッケージングならばといった感覚が微妙に交錯するが通常撮影では文句はない。高感度域はISO800までだろう。それ以上は一応覚悟して使用する領域だ。

ただ最近では当たり前となった手ブレ補正とf2.0-2.8レンズのコンビは強力で丁寧にシャッターを押せばそこまでの高感度を必要としないケースも多々ある。良い時代になったものだ。

いわゆるコンデジというクラスの小さなボディに眺めて触れて操作して楽しいという魅力が詰まっている。こういう感覚はこのクラスではあまり経験が無い。

目下のところの悩みはX10に比べ、X100もM9も大きく重く感じてしまい、彼らの出番が減りそうなことぐらい?

写真は恒例のブランニューカメラのテスト撮影初体験のイネちゃん。ツンデレな三毛猫に相応しい横顔?と言っては可哀想かな・・・


|

« ◇ 覚醒 | Main | ◇ ブリーチバイパス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ◇ 覚醒 | Main | ◇ ブリーチバイパス »