« July 2011 | Main | September 2011 »

2011.08.18

◇ 粋なレンズ

0818

LEICA M9 / Thambar 90mm f2.2

以前から尊敬している写真家の清家氏がライカレンズで最後に使ってみたかったレンズとおっしゃってM3でタンバールの試用を始めた。どのように使いこなされるか楽しみだ。

私は専らM9なのでいきなり色気のない話になるがこのレンズで撮ったデータをヒストグラムで見ると山が中央部に集まった豊かなデータになっていることが多い気がする。

開放付近の絵はいわゆる眠い絵になっているのだがこれを補正していくと意外と懐の深いデータになっていていかようにも料理できる。眠いということはつまり階調が残っているとも取れる。特にシャドウ部はコシがある。

元データがコントラストやシャープネスが強すぎるデータは見た目は良いが補正をかけていくと破綻しやすいのはデジタルフォトでは今や常識になっている。

現代のレンズやデジカメはどちらかというとそういうクッキリハッキリ系の絵が多い。それはそれで悪くはないが70年以上前のレンズで撮った画像データが補正に強いというのはなんとも不思議な事実だ。

このレンズはユルユルの甘いソフトレンズと誤解されているケースが多いが解像自体は甘いわけではない。開放からとてもシャープで線が細くHektor73mmなどと同じ傾向でピントはやや厚めだ。

そのシャープな絵に品の良いヴェールが覆う。その覆い加減は絞り値で変わっていく。同時にピントの厚みも緩やかだが変化する。ボケもクセがあって光源などを画面に入れるとコントロールできないケースも多々ある。

なんとも掴みどころが難しいレンズだが浮かび上がる絵画調の画像にはいつも唸らされる。「このレンズの味はなかなか粋なもんですよ」と故木村伊兵衛氏が評したらしいがデジタル時代の現代でもなかなか粋なレンズである。


| | Comments (0)

2011.08.15

◇ 毎年のお盆

0815

FINEPIX X100

昨日は親父の墓参りの後、母親の施設を訪ねた。お盆でガラガラの都内を車でスムーズな移動。毎年この時期の都内の道は空いていて気持ちよく移動ができる。

お盆休みにあちこちと出かける人たちが多い中、私も相方もフリーランスなのであえてこの時期に休みを取って人混みへ出かけることはない。こういうお盆の過ごし方はもう長いこと続いている。

まとまったお休みを取ったことももう随分記憶がない。まあそれでも不自由は感じないし、むしろ平日にポカッと空いた時間に贅沢に過ごすフリーランスが合っている。

TVではお盆休み恒例の渋滞情報が流れるが毎年ひとごとに感じる。この時期しか休みが取れない会社勤めでお子さんのいる方たちなどは気の毒でご苦労様だが・・・あの中に居る自分はまったく想像できない。

実は親父の墓参りはあまり真面目に行かない息子なのだが、たまた母親の施設へ行くついでに寄ってやるか的な墓参りでも寄ったことを母親に話すとちょっと嬉しそうだったのでそれはそれで良かったかなと思う。

帰宅してお盆明けの溜まった納品作業をしながら、やはりこういう過ごし方が性に合っていると感じる。


| | Comments (0)

2011.08.14

◇ New Family

Mugi01

はじめまして・・・ムギです。

Ine01

はじめまして・・・イネです。

ムギは落ち着きがなくておっちょこちょいで自分の毛づくろいでひっくり返ってしまうほどドジで鈍臭く、でも人懐っこくてなにかと近づいてきてはちょっかいを出してくる黒猫。

イネはまだ人が近づくのを嫌らって抱かせてくれないけれど座っていたり寝ていたりすると近づいてきて手や膝に頭と体をこすりつけ、ゴロゴロと甘えるツンデレな三毛猫。

二匹は兄妹。ムギは男の子、イネは女の子。生まれてまだ3ヶ月ほど。とあるご縁から里親募集のお方からとりあえずトライアルでお預かりしている子猫たち。

このブログでも以前登場したことがある二匹の飼い猫のうちの黒猫が6月に亡くなった。残りはアメリカンショートヘアーの一匹だけになってしまった。

しばらくは猫は飼わないつもりだった。ただやはり相方共々寂しい気持ちが募り、また飼うなら黒猫!ということで探してみると、とある里親募集のウェブページに出会った。

そのページでは季節的なことや大震災の影響などでたくさんの子猫たちが里親を待っていた。その中からこの子!という黒猫に出会った。その黒猫には可愛い三毛猫の兄妹がいた。

出来れば兄妹で飼いたい。と思うのに時間はかからなかった。まだ正式にはトライアル期間中だが新しい家族として迎えることに決めている。

まだ良いツーショットが撮れていないのが残念だが、そのうちきっと・・・


| | Comments (0)

2011.08.02

◇ SNAPS 東京展

Snaps_7

「イタリアの冬の街並みとそこに暮らす人々が生き生きと浮かび上がってくる・・・」

「ケニアに生きる動物たちと雄大な風景がドラマチックな光とともに迫ってくる・・・」

今年の一月に金沢で開催されたSNAPSが昨日から東京・新宿のINSTANCEで始まった。

お二人とはブログを通じて知り合い、何度か金沢にも伺い懇意にさせていただき、金沢展に伺った折、東京でもぜひ開催を!と言っていたことが思いの外早く実現した。

金沢の写真展ではサイズも展示手法も大空間に合わせてダイナミックに構成されていたが、今回の展示はITALIA、KENYAともシンプルに再構成されている。

金沢のときと違うのは額装された作品。薄いガラスを通して観る作品はまた違った味わいを感じる。プリントの仕上げも若干変更されたとのこと。新たな作品もプラスされ、さらに見ごたえのある写真展になった。

今回の会場の距離感とガラス越しの作品群は会場照明と相まって少し抑えられたそこはかとないウエット感を感じる。金沢展とは違った魅力を醸し出している。

作品を見ているとデジタル時代でもライカでスナップ!は死語ではない。地球上のどこでも素晴らしいシーンに出会える予感を感じさせてくれるカメラだということを再認識させてくれる。

そして金沢の時も感じたことだが別の場所を別の時間にスナップしたにも関わらずなぜか同じトーンを感じる。今回は会場構成をイタリアとケニヤで別会場にし、照明演出やアプローチ等も変えたらしいがやはり同じトーンを感じる。

北陸に生まれ育ったお二人がM9、X1というスナップの王道カメラを通してそれぞれが感じるシーンに共通の何かがある気がしてならない・・・

M9とイタリア、X1とケニヤ。それぞれの地でカメラの魅力を十分に活かした作品群。M9、X1ユーザーの方々にとっては必見の写真展だ。


T_m_7

高橋氏(左)、水野氏(右) INSTANCEにて

「SNAPS 高橋俊充×水野直樹 写真展」8月14日まで。

1月の写真展の模様はこちら→「SNAPS 金沢展」


| | Comments (4)

« July 2011 | Main | September 2011 »