« ◇ 記憶は美化される | Main | ◇ 50mmの誘惑 »

2011.07.21

◇ twitter、facebook 諸々・・・

0721

LEICA M9 / NOKTON 35mm f1.2 Aspherical

7年前からブログを始め、三度のリフレッシュを経て以前ほどの頻度ではないにしろ細々と更新も続けている。ここ2年ほどはtwitterやfacebookも始めてみた。ブログの更新が滞るのはそのせいも否めない。人間そんなに発信するモノなんてないものだ。

この手のウェブコミュニケーションにはやはり一長一短があり、人によってそれぞれ相性もある。ある友人はtwitterを始めたが知らず知らずにあまりにも自分がさらけ出され過ぎてしまい、1年ほどでキッパリ止めた。

自分はもともと文章は長文になる傾向があってtwitterも一行で言い切れる人が羨ましかったりする。少ない文字数ではなかなか呟けない。

facebookもmixiに比べて基本は実名制で素性に信頼性があるからということで始めたが利用者が増えるにつれ、自分をきちんと明らかにするというマナーも崩れ、友達承認の是非とかでやや欝陶しくなりつつある。

facebookは本来は今何してる?的な親しい人への近況報告的なものだったはずだが、企業などが進出してくるとそこにある種の価値情報的な意味合いが強くなり、個人でも有用な情報提供的な意識が強くなり、そうではないと気が引けるようになってきてしまった。

そしてどちらにも言えることは書いたことが自分の思惑でキチンと残らないこと。twitterよりはfacebookの方がまだましだがそれでもその点はどうも好きになれない。

メリットはアーカイブという視点だけでは無いことは承知している。大震災時などtwitterがどれほど有用だったかは身を持って経験している。即時性という事で言えばtwitterとUstreamのコンビは新たな情報価値を提供しつつある。

ただ・・どうも釈然としない。刹那感が拭えない。要は使い方なのだろうがブログの方が落ち着く。更新はサボリ気味だがやはりブログの方が形として残り、アーカイブも見やすい。

私の過去の二つのブログなどもう何年も前の情報にも関わらず今だにアクセスしてくださる方々が少なくない。この先、私が納得できるモノが生まれるのか?それともやはりブログがいいのか?便利だが悩ましい時代だ。


|

« ◇ 記憶は美化される | Main | ◇ 50mmの誘惑 »

Comments

twitterは情報を得る手段と割り切るようにしました。
(それもかなり吟味する必要がありますが)
何気ない一言が、自分の意図しない形でリツイートされ、
そのツイートをよく思わない匿名の人間から罵られる。
そんなやり取りを見ていたら怖くなってきます。

きっぱりtwitterをやめた、多分私も知っている方(笑)。
多方面で活躍めざましいですね。ブログでしかわかりませんが、
素晴らしい仕事ぶりに、翻って自分は…と考え込んでしまうくらいです。

Posted by: baku-g | 2011.07.24 at 00:10

>baku-gさん
呟きってなかなか呟きだけで終わらなくなる傾向があるし、
情報ではなくて個人の思い入れが入りだすと厄介なものです。
そうなると他人様の呟きも気になりだす。なかなか悩ましいものです。

やめた人、想像どおりの人です。(笑)
baku-gさんが考え込むことなどありませんよ。
多方面で活躍?も実態は現場を見なければ分かりません。
ブログもある面では良いことしか書きませんから人というものは。
今は本業に徹している姿勢は良いことかと。

Posted by: Itamura | 2011.07.24 at 01:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ◇ 記憶は美化される | Main | ◇ 50mmの誘惑 »