« ◇ 伊佐沼公園 | Main | ◇ お気に入りルート »

2011.07.02

◇ 傷だらけになるまで・・・

0702

LEICA M9 / Thambar 90mm f2.2

ライカからM9-Pが発売された。ロゴの赤玉とM9の白文字表記を無くしてトップカバー上部に筆記体のロゴが入ったマイナーチェンジ版。Pはプロフェッショナルの意味だそうだ。

フイルムカメラでMPというモデルがあったがこのPの意味はパーフェクションという意味だったのでてっきり同じかと思いきや、なんでも赤玉や白のM9表記は目立つのでプロの現場では無い方が好都合らしい。それでP?

分からないでもないが意識し過ぎじゃないだろうか?パーフェクションで良いんじゃないかな?まあ格好は確かに良いと素直に認めよう。サファイアガラスはM8.2の経験からあまり効果は無さそうだが・・・

ただ、それでM9より数万円(軽くコンデジ1台分!)お高くなった。ライカらしい。個人的にはシルバーが気になる。もともとライカのシルバークローム好きだがM9のスチールグレーが好きになれなかったので今度のシルバーはちょっと気になる。

ライカはM6までは10年1モデルという歩みで来たがさすがにデジタル時代にはそうもいかず、2006年末にM8が出て2009年のM9まで約3年、ということは・・・来年はM10?

今度はチタンバージョンで使われたLEDファインダー、そしてライブビュー搭載?RFのライカにライブビューは止めてくれ!と思っていたが、X100を使って意外と使い道があると感じている。

MFだとひと工夫必要だがRF特有のデリケートなピント調整から開放されるならそういう選択肢も有りかと思う。歳をとるにつれ距離計でのピント合わせが難儀になってきているし・・・

ただ、M型ライカでライブビュースタイルは傍から見たらあまり格好は良くなさそうだ。そもそもX100のパッケージングだから生きるのかもしれない。やっぱり却下かな?

R-D1がライカを動かした?時と同じようにX100がM10に影響を与えるのか?興味は尽きない。そう思いつつも赤玉M9をいい具合に傷だらけになるまで使い込めたらとも思っている。


|

« ◇ 伊佐沼公園 | Main | ◇ お気に入りルート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ◇ 伊佐沼公園 | Main | ◇ お気に入りルート »