« September 2010 | Main | November 2010 »

2010.10.28

◇ 不惑はいずこ?

1027_1_4

LEICA X1

最近、ちと悩むのが生業としている写真業のジャンル。カメラマンと呼ばれるヒトは世の中たくさんいますが、おそらくみんな同じ悩みを少なからず抱えているはずなのが専門外のお仕事。

私は元々空間系のデザイナーをしていてその延長線上で写真のお仕事に転向しました。なので感覚はまだ以前の世界の感覚に近いのです。その為、いわゆるブツ撮りとかスタジオ系の撮影の経験は皆無に近いのです。

それでも生業になっているのはお仕事写真は被写体の世界を熟知していれば成り立つからです。空間系のお仕事はデザイナー時代の経験・感覚が土台になっています。

ただ、世の中そう甘くはなく、またこの不況の折、込み込みで撮影というケースがあります。そういう場合に限って苦手なブツ撮りがセットされていたりします。

一応、最低限の知識と機材は持っているつもりですがいかんせん経験も少なく、自信を持って現場に臨むというわけにいきません。服の中に大汗をかきながらそれを気付かせずにサラリと終わらせるのもプロのお仕事?です。

そんな仕事の場合、一番悩むのが現場に臨むまでのシミュレーション。元々小心者?の上、往生際が悪く、最後まであれやこれやとシミューレーションをしては悩み続けます。

目の前のやらなければならない仕事も手に付かなくなるくらいシミュレーションを繰り返します。シミュレーション自体は仕事へ臨む姿勢として必要欠くべからざるものですが度が過ぎるのもどうかと・・・

そんなことを繰り返しながらなんとか現場を切り抜けています。いくつになっても良い経験をさせていただいています。そう考えることにしています。クライアントさまには心での中でスミマセンと呟きながら・・・


| | Comments (0)

2010.10.27

◇ 長く生きること

1027

LEICA X1

しばらくブログ更新をしなかった。いや出来なかった。

自分の身の回りのこと。施設にいる母親のこと。生業にしている写真のこと。そして趣味としての写真のこと。様々なことがあまりしっくりせず、ブログに向かう気にならず、まして写真なんてアップする気など・・・

先月末、施設に居る89歳の母親が脳梗塞で緊急入院した。20年以上前に脳内出血で倒れ左半身が不自由な人生になり、今回また脳梗塞で右足まで不自由になってしまった。

右手はかろうじて動いているがそれを不幸中の幸いと考えるべきか?右手しか自由が利かなくなってしまったと考えるべきか?もともと高齢の為、耳は遠く、歯も全てなく、目も白内障・・・

正直、今の母親を見ているのが辛い。右手一本しか自由が利かず、寝たきり寸前の母親。それでも施設を訪ねれば「ありがとう」という言葉が出る。

こんなになってまで、まだ息子に負担をかけていることを気遣っている。いっそのこと母親自身がまったく分からなくなってしまってくれた方が楽なのか?

私が帰った後、一人になった部屋ではおそらく自分の状況を悲しんで涙を流し、長く帰っていない自宅に戻りたいと心の奥底で叫んでいることも想像できる。それも辛い。

人はこんなになってまでしても生きなければならないのか?人は生かされているという考え方には賛同するが今の母親は一体何に生かされているのか?

人の生への尊厳とはなんだろう?母親の居る施設で何度となく見た光景は・・・誰も居ない部屋で早くお迎えが来て欲しいと手を合わせて必死に祈る寝たきりの女性の姿。

施設に居る老人たちはそれほどボケた人たちばかりではない。自分の人生の最後が一日も早く来ることを祈っている人が少なくないことも母親から何度となく聞いた。いたたまれなくなる。

長く生きることが不幸にならない世の中は未来永劫来ないのか?


| | Comments (2)

« September 2010 | Main | November 2010 »