« February 2010 | Main | April 2010 »

2010.03.11

◇ World Heritage ? Thambar

0311_2

LEICA M9 / Thambar 90mm f2.2

先人が残してくれた個人的独断の世界遺産?Thambar。

限りなく繊細に線を結び、それを薄く上品なヴェールで包み込み、写すものすべてをポートレイトにしてしまう・・・こんなレンズは後にも先にもこのタンバール以外見当たりません。

私の手元にある玉は生まれは1935年、昭和10年!今までどれだけの人の手を経てこの日本に渡って来たのか?幸運にもこのレンズに出会って深~いライカ沼にひとつの区切りが打てました。

多くのライカレンズがそうであるようにこのタンバールもおそらく世界中を旅して私の手元へやってきたのでしょう。75年という長い時間をかけて・・・

単なるマスプロダクト製品とは違う、人の手から手へ。思いから思いへ。形には残されない数々の思いが込められてしまうこの時代のライカレンズ。

写りには直接関係のないことは分ってはいるのですが、それでも人が撮る道具、思いは形になることもあります。カメラというのはメンタルな道具であると、常々感じていますので・・・

デジタル時代に先人たちが残した貴重な遺産を時を越えて味わえる。共有できる。もしも、私の手を離れていってもどこかで誰かがその時代の光景を残すことを願ってしまう。

M9でタンバールを手にすると説明し難い不思議な感覚を覚えます。このレンズでしか感じ得ない何かを・・・自分一人だけの所有物ではない伝えていくべき人類の遺産のような。少々大げさですが・・・

フォトショップでデジタルと格闘しながら仕事に立ち向かう?日々、そんなことにプチ感動を覚えてしまう自分です。


| | Comments (2)

2010.03.08

◇ 幸せな時間

0308_1

OLYMPUS E-P2 / G 20mm F1.7 ASPH.

久しぶりに機材話・・・と言ってもアクセサリーですが。

オリンパスのマイクロフォーサーズにはほとんど関心がなかったのですがとあるところでとあるお方に撮らせていただき、そのフィーリングに。ん~?と気になり始め、速攻で手元へ来てしまったカメラ、E-P2。もちろん色はクロ。

カメラというのは関心がないときはさして気にしない部分も関心が沸いてあらためて見ていると、お~!なかなかいいんじゃない!なんて見えてきてしまうなんとも不可解なモノです。

もともと、パナのGH1とGF1を持っていたのでレンズに関してはオリンパスのレンズは皆無!で、ボディだけ手に入れて専らパナのレンズかアダプターを介して他のレンズを楽しむ相棒としてお仲間入り。

手にしてあらためて見ると内蔵ストロボのないスッキリとしたフォルムと微妙なツートーンのボディカラーとクラシカルな革風のグリップ。マジマジと見ると実は大人感覚のデザインに仕上がっています。

で、本題ですが・・・

Continue reading "◇ 幸せな時間"

| | Comments (4)

« February 2010 | Main | April 2010 »