« ◇ Summilux mania 1 | Main | ◇ HELIAR 50mm F2 / I 056 »

2009.11.28

◇ Summilux mania 2

R35_3

Canon EOS-5D Mark2 / Summilux-R 35mm f1.4

実はRライカ。何度もR8やら、R9やら、特にアンスラサイトにはノックアウト寸前までいったことがあります。なぜ、行かなかったかは今でも分りませんが、やはりデジタル一辺倒の根は怠け者。まあヘタレなだけなんでしょうね。

で、Rズミ35について。

Rのズミルクス35mm。ファンも多く、特にRフリークと呼ばれる方々にとっては必須かつ、お気に入りは?と聞かれれば必ず筆頭に上がるほどのレンズ。そこはR使いでなくともぜひ使いたいものです。

ところがこのズミ35、EOSフルサイズには付くことは付きますが現実には使い物になりません。正確に言えばほぼ1m以下でしか使えません。無限に近づくとレンズ後部がミラーと干渉どころかもろに当たってエラーが起きてしまう。これはよく知られているお話ですね。

それでも諦めきれず、年代の違う玉が出るたびに何本か試しましたがすべてダメでした。ちなみに1系では1mが1.5mくらいに伸びる程度で基本は同じ。1系のほうが若干ですがミラーボックスに余裕があります。これは1、2、3すべて同じです。

で、試すたびにため息交じりにレンズ後部を削らなければダメという結論になります。そんなわけでやはりRのフイルムでしかダメかあ。とあきらめていたがのですが・・・ご存知、今年半ば、ライカからRシステム終焉の告知。

これでは今でもなかなか良い玉に出会えないズミ35がますます手に入れにくくなりそう。ここは出会ったら決断しようと思い、銀座や新宿などへ行く度に気に留めていました。


1123_4

Canon EOS-5D Mark2 / Summilux-R 35mm f1.4

そんなある日、銀座の酸っぱいお店でその前日に入ったばかりの委託品で極上と言えるROMタイプのものに運良く出会ってしまいました。ここは平日昼間に行けるフリーの特権。

しかも分っているお方の委託品らしくとてもリーズナブル。お店のスタッフもこの玉はすぐに売れてしまいますから・・・と。ハイもちろん、即決!で、その足で改造をお願いしてあったとあるマイスター?の元へ。

ところがこの35、やはり一筋縄ではいきません。そのマイスターが調べたところ、程度は極上でしたが無限遠のピントが若干狂っているとのこと。改造はできるがしっかり調整してからのほうがいいよ。と。

で、しばし、考え、その翌日いつもの上野経由でライカジャパンへオーバーホールの依頼。やはりこの玉は手間も金もかかるヤツ!上野で改造前提のオーバーホールだ。と言ったらさすがのスタッフたちも呆れていましたが・・・

約一ヵ月後、オーバーホールが終わったピカピカのズミ35を携えてその足でマイスターの元へ。さらに10日後、待ちに待った、EOS完全対応!のRズミルクス35mmが手元へ。

EOSでなんのストレスもないズミ35を使うことの興奮!ってちとオーバーですがこれで長年の念願が叶いました。もともとRレンズはデザインもヘリコイドの回転方向もEOSと違和感はありません。

Rフリークからなんと言われようとデジタルEOSでもRレンズの味は十分楽しめます。本家のシステムが終わってしまった以上、EOSで永く大切に使っていってあげたいものです。でも実は今でもRフルサイズを密かに期待はしているのですが・・・


R35_3

名人芸!!?
後玉のガラス面ギリまで削らなければ使い物にならない。
このお姿。真のRファンやOHしたライカジャパンあたりからは顰蹙もんですよねえ。たぶん・・・


|

« ◇ Summilux mania 1 | Main | ◇ HELIAR 50mm F2 / I 056 »

Comments

こんにちは!

アタシは、R フリークですが、他のカメラで使えるようにする事は悪い事では無いと思います。特に、R が公式(ライカ社のアナウンスメントによって)に、製造中止と決まってからは、レンズを改造して EOS や Nikon(マウント交換)に装着しておられる方を多数知っています。そしてそれら多くの方が、もし R10 が発売されるのであれば、一台買ってみてもいいかなぁ、、、という潜在的 R ライカ需要層であった事も同様に知っております。つまり、ライカ社の「R は、売れないから」という理屈はリーズナブルな一眼タイプのボディが無いから、、という理由であって、R があたかも不必要な製品だからという誤った受け取り方=分析力の無さ、、、であったと嘆いているのであります(熱く語る!)。
アタシは、すっかりライカ熱が冷めてしまいましたぁ、、。

micro 4/3" 用の DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH. は、Capture One 5 PRO との組み合わせで、AME 並みの写りが期待出来ます。但し、開放付近の綿が纏わりつくようなフレアは期待出来ませんが、、、。

Posted by: 野本 巖 | 2009.12.02 at 09:02

>野本さん
こんばんは。
おっしゃるとおりですね。優れたレンズ資産を長く生かすボディをもう少し柔軟に、かつタイミングよく生んでいたなら・・・と。惜しい限りです。
現在、レンズ資産を活かせるボディがRの対極とも言えるAFのEOSが一番手というのも皮肉なものです。それにしてもR10は見てみたかったですね。

micro 4/3"はパナということでタカをくくっていましたが野本さんの絵を見せられ、グラグラし、実際に使ってみるとなかなか優れたシステムで侮れない!と感じています。普通に使う分にはこれで十分じゃないかと。
Macro-Elmarit 45mmはそんなに良いですか?確かにこのあたりの万能マクロは魅力ですねえ・・・
それに・・・
EVFはますます眼が弱くなってくる我々には救いの神でもありますしね。(笑)

Posted by: Ita | 2009.12.03 at 03:05

こういう改造方法があるんですね。。手持ちのR9がだめになったら改造してEOS-1Vに取り付けることにします。。

Posted by: いちおか | 2011.01.23 at 19:35

>いちおかさん
私はとある熟練の方に無理を言ってお願いしました。
素人では無理です。もしおやりになるならご自分の責任の範囲でお願いします。
念のため・・・

Posted by: Ita | 2011.01.23 at 22:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ◇ Summilux mania 1 | Main | ◇ HELIAR 50mm F2 / I 056 »