« September 2009 | Main | November 2009 »

2009.10.22

◇ エコモーターショー

昨日から東京モーターショーが始まった。仕事でモーターショーに関わって約30年。デザイナーとして晴海の時代から、そしてカメラマンとしてメッセまで。長い付き合いだ。

昨日のプレスデイ、想像していたがこれほど寂しいモーターショーを見たのは初めて・・・外国メーカーが前回の33社から7社へ・・・

国内メーカーもディスプレイのボリュームや華やかさが少ない。スポーツカーもほとんど見られない。エコカーのオンパレード。

会場で先輩ディレクターとバッタリ会って。「これじゃ、東京モーターショーじゃなくて千葉モーターショーだね」まさしく、地方のモーターショーの感じ。

しかし・・・これは新たなモーターショーの始まりなんじゃないかな?と。先日、話題になった上海モーターショー。外国メーカーが競って参加して中国の成金たちに高価な車をせっせと売り込んでいた。

ポルシェがベンツが飛ぶように売れ、それがニュース番組を賑わせていた。一時代前の東京モーターショーを見るよう。

今回のモーターショー、後ろ向きに見れば、不況のあおりを受け、ジリ貧のモーターショーに見えるが視点を変えれば国内メーカーが揃って新しい時代のエコカー技術お披露目の場になっている。

この手の技術では国内メーカーは今や世界を断然リードしている。次世代の自動車技術の方向性や楽しみ方のヒントがたくさんあるような気がする。

皮肉にも出展社数の激減で、会場の通路幅も広く、今までのモーターショーでは見られなかった余裕感。通路までカーペットが敷かれている数少ない展示会なので雰囲気も良い。

ユッタリとした気持ちで新たな時代のエコカーを見るには、ちょうど良いのかもしれない。会場内のブースの中で我々世代には思わず懐かしいなあ・・と思わせたのがカーオブザイヤー30周年記念ブース。

ここは28日夜に撮影に入る予定で下打ち合わせをしたが、担当からはなかなか面白い話が聞けた。実車集めに相当苦労したようだ。基本はメーカー提供らしいが車によっては貴重な個人所有のものもあるそうだ。

30代~50代のカーマニアにはなかなか良い企画だと思う。懐かしいさでひとしきり盛り上がること間違いない。

| | Comments (0)

2009.10.21

◇ デジタル時代のライカ仙人

1020_00_3

M9使いの私的究極レンズとは・・・

「Summilux 35mm f1.4」 「Noctilux 50mm f1.0」 「Thambar 90mm f2.2」の3本で決まり。以前、kuwaharaさんがブログで「ライカ仙人」という表現をされたことがある。響きが良いし、今の自分の気持ちにピッタリ・・・

同じ意味かは定かではないが、M9を使い始めて一ヶ月、正直、この3本で十分。私もついにライカ仙人の域に突入したかもしれない・・などと思っている。

人それぞれおありだろうが、独断と偏見を持って言わせてもらえば、究極はおそらくこの3本だろう。他の方々もこのうちのどれか1本は必ず同意されるだろう。

不幸にもこの3本をまだお使いになっておられないならば、残念!と思うと同時にこれからのお楽しみとしてぜひ使ってみていただくことをお勧めする。

M9を使って思うこと。ライカ伝統の35mm、50mm、90mmがとても心地よく、この焦点域だけあればもう他はいらないな・・・と。

ズミルクス、ズミクロン、エルマリートなど・・・その響きで銘玉伝説を楽しむ世界であるライカ。画質を除けば中途半端な焦点域で伝説を薄めていたM8はやはり通過点だったと言わざるを得ない。

また、ワイド系に難があるM9として広角域は?と言われれば・・・

現代のお作法として、広角域についてはいわゆるプロ向きの秀逸なコンパクトデジタル機が数多く存在する。これが、デジタル時代の新しいライカ+αのお作法なのかもしれない。

特に最新のGRD3は画質・レスポンス、フィーリングなどまったく文句がない。M9のお供としては最高のパートナー。この組み合わせで21、28、35、50、90がすべてカバーできる。さらにスローフォトでよければDP兄弟もある。

デジタル時代のライカ仙人とはM9と35、50、90の3本+ワイドコンパクト!といったスタイルが粋ではないかな?そう思わせるのが先代M8でもフイルムM7でもない・・M9だ。

1020_01_4

番外編?もちろん現行35ASPH.も1本だけ!という場合はこのレンズは外せない・・・北陸の巨匠の愛用レンズでもある。

ただし、50、90の現在の手持ちは正真正銘、上記2本のみの今は仙人?暮らしである。

| | Comments (5)

2009.10.20

◇ 素晴らしき悩みの種

人の人生というのはアクションを起こさなければ何も起こらず、ただ傍観していれば楽だがそこからは何も得られないものだ。なんらかのアクションを通じて出会う様々なことこそ人生そのものでこれはまたブログにも通じるものである。

ブログというのは良くも悪くも様々なことを教えてくれる。自分の記事の内容や頂くコメントに一喜一憂したり、新たな世界が開けたり、新たな友を得たり、またその逆も・・・

以前から、感じていたことだがブログとは、その人そのものだったり、はたまた演者であったり、どちらにしても本人が自覚せずとも、その人となりの一部が必ず垣間見られる。

訪れる人はその言葉や写真からその人となりをイメージする。大抵の場合、それは悪いイメージではなく、むしろ良いイメージ、誇大なイメージ、素晴らしいイメージ・・・となるケースが多いのではないか。

同じ人間がやっている限り、そんなに差があるはずもないが、しかし、記事の内容や返すコメントに気を遣い、良いイメージを持ってもらいたいとも思う。それが人情というもの。

ただ、それは本人でもあるが偶像化された本人でもある。ええカッコしいは人の常。その結果、色々とギャップに悩んだりするのも人。

しばらく、ブログをお休みしていたおり、他の方々のブログを拝見し、そんなことを感じながら、再開したときには出来るだけ「素」の自分を出していこう、と。

特にフォトグラファーとしていわゆるクリイティブな世界に籍を置く身として、人そのもの、人生そのものがクリエイティビティの根源に通じることを長い経験の中で感じていたから、余計にそう感じていた。

ただし、ブログは自分発信の場でもあるが他の方々に見ていただくことが基本である以上、ある程度の節度を守りながらも自然体で伝えていくことが大切かと思う。

なにはともあれ、ブログ。

多くの得るものとちょっぴり自己嫌悪とが常に同居するこの素晴らしくも大いなる悩みの種・・・である。

| | Comments (0)

2009.10.12

◇ End of LIfe

1012_2

LEICA M8.2 / Noctilux 50mm f1.0

徐々に壊れていく母親を見るのは少々複雑な思いがある。自宅で長く世話をし、苦渋の決断だったが今は穏やかな施設暮らし。

結果的には本人の為には正しい決断だった・・と考えるようにしている。いつも思うことは人の老いとその先。どんな人にも必ず訪れるものだが・・・

この母親のおかげで常にそのことは頭の片隅に置いて生きている。いつまでもいつまでも元気で長生きして欲しいと思うが・・

いずれ必ず訪れるであろう人生の仕上げを穏やかにまっとうして欲しいとも思う。介護地獄・・・経験したものにしか分らない世界。22年前の薫風香る爽やかな季節5月。母親と私の人生は大きく変わった。

それから20年、一人で介護を続け・・・迷いながらも施設に預けてはや2年、ここのところ、急に痩せてきている母親をみるにつけ、胸が締め付けられることが多い。

すべて一人で考え、行動してきた自分自身の人生においても大きな変化があったこの10月。これからたくさん起こるであろうことが頭を駆け巡る。

ブログでは決して書かない。と思っていたことが素直に書ける気がしてきている。絶対に溶けないと思いこんでいた氷の塊が少しずつ溶けるように・・・

母親がやせる前にあるお方の写真が大好きで構図を拝借?して昨年撮ったツーショット。そのときどきの思いを写真は残してくれている。

いつも優しかった母親の笑顔もたくさん残せている。写真をやっていて良かったと思う。

| | Comments (15)

2009.10.11

◇ InterConti... YOKOHAMA GRAND

1011_0_13

RICOH GR DIGITAL Ⅲ

以前、友人から、

「自分にご褒美のためにここに泊まってリフレッシュするんだ。決して安くは無いけれどここからの眺めと雰囲気を一度味わったら高くは感じないよ」と。

この近辺はいつも仕事で来ては、慌しく駆け回ってばかり、めったに見上げることすらせずにあまり気にも留めずにいた。ただ、チャンスがあればいつかは・・・と。

縁あってここからの望めを楽しめることに・・・友人の言ったとおり素晴らしい眺めと雰囲気。横浜港を一望できる海側の部屋。

もちろん夜景も素晴らしかったが、朝の優しい光の中、柔らかな光が反射して穏やかな表情を見せる横浜港の海と、優しい光芒の中に小さく浮かぶベイブリッジ。

何も考えず、ぼ~っと眺めていても飽きない。頭が空っぽになる。人間は下界を見下ろすほどの眺望の前では無言になる。

自分へのご褒美。多忙の中だからこその大切な時間・・・素晴らしい時間が持てた。

| | Comments (0)

2009.10.08

◇ 忙中、5Dに感じること

1008_0

LEICA M9 / Noctilux 50mm f1.0

今、繁忙期の真っ最中。不景気感はなくはないが、今のところ、例年通りの忙しさで他のことが手につかない。

せっかく、M9を手に入れたにも関わらず、ほとんどまともに撮れていない。M9を予約しているブログのお仲間からは、色々と絵をアップして欲しい・・・と。なんとも悩ましい。

いつもながら、M9ではあまり撮っていないがお仕事では1DsM3や5DM2では毎日、山ほどシャッターを切っている。そういう中で5DM2のプロ機としての優秀さを日々、実感している。

ここで言う実感というのはどんな場面でも最高のパフォーマンスをしてくれるという意味。画質だけ、操作性だけ、レスポンスだけ・・・といった個別の能力ではなく、トータルでの素晴らしさを。

特にその静粛性と高感度時のパフォーマンス。

ステージやイベントなどの本番撮影が多い私にとって静粛性は本当に助かる。昨日もサントリーカクテルアワードで真剣にオリジナルカクテルをシェイクしているバーテンダーのステージでも邪魔することなく、シャッターを切れた。

今年の春にも靖国神社での夜桜能の厳粛な舞台でも威力を発揮した。さらに陛下や当時の麻生首相を招いたY150式典でも・・・今のところ、この静粛性で右に出るものはいない。

そしてシーンごとに光の条件が変わってゆく中、自在にISO感度をコントロールできることの優位性。フイルム時代では考えられなかったパフォーマンス。

シャッター値と絞り値を固定することで仕上がりイメージを変えることなく、その場の光の変化に柔軟に対応できる。50~3200まで、場合によっては6400までシームレスについてくる。

単に高感度時の画質うんぬんという単純なことではなく、厳しい現場の変化についてくる、というかこの優位性によって新しい撮影イメージが沸いてくる。そういう意味でのプロ機である。

今のところ、こういった場面が多い私の仕事では1DsM3より、5DM2のほうがメイン機になりつつある。2台の5DM2での仕事は心地よさすら感じる。

と言いながら、写真はM9ですが・・・なにげない夕暮れどきの街だがノクチ独特の世界はやはりいい。

| | Comments (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »