2006.10.30

私の仕事場

1030_0
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

ありがたいことなんですが、忙しい日々が続いています。たまにはゆっくり何も考えずにシャッターを押したいなあ~なんて罰当たりなことも・・・。

フリーランスとして仕事があるありがたさは十分に分っているのですが限度を越えるとねえ。もう少しでひと段落しそうですが・・・。

毎月最低3回は行く東京ビッグサイト。そしてそこへ行く車中・・・。まさしくどれも仕事場です(笑)。

1030_1
RICOH GR DIGITAL

ほぼ100%、車での移動なので助手席にはたいていGRDか、R-D1は置いてあります。特にGRDは運転中?にもシャッターが押せてオッと思った瞬間でもパチリ。

早いものでGRDも1年が経ちますねえ。あのときほどの熱さは感じなくなりましたが、やはり貴重な存在のコンパクトデジです。

特にこういう絵は得意ですね。こういう光景でシャッターを押したくなります。そしてイメージどおりの光景が写っています。

1030_2
RICOH GR DIGITAL

話は変わりますが、先日M8の試写をする機会がありました。屋外で30分ほどでしたがデータも持って帰ってきました。

ここでの公開はさすがに今は無理ですが、その印象を。かなり好感が持てました。試用したモデルのバージョンは分らないのですが大人の絵というかコシのある絵でした。

たしかローパスはないのでしたよねえ。柔らかいベールが1枚かかったような独特な絵でライカが謳っているプロ用という表現がピッタリ。

かつての1Dsに近い感じですね。ただし発色は地味で落ち着いていてライカのレンジファインダーらしい?絵と感じました。

あと意外と高感度が行けそうです。160、320、640、1250、2500とあるのですが個人的には640までは使えそうです。場合によっては1250も。

ブライトフレームもR-D1のようなストレスは感じず、写る範囲も違和感はありませんでした。屋外でのシャッター音もM型ライカらしくほとんど気になりませんでしたね。

昔ながらの?ライカ使いたちは色々と辛口のことを言っていますが、新時代のM型ライカ。私は本当に楽しみですねえ。

| | コメント (5)

2006.09.19

Aniversary GRD

0919_1
RICOH GR DIGITAL

GRDも1周年になるので少しは使ってやろうと思いながら、過去撮ったものを眺めていると「電柱」結構撮ってました。(笑)

「電柱」も以外とフォトジェニックですね。素で見ればなんでもない被写体ですが光の陰影によってなかなかのもんになります。

ところでワイド、特に21mmクラスになるとそれで撮りました!というものよりもさりげないもののほうが好まれる傾向がありますね。それはそれで分るような気もします。

ただ、せっかくダイナミックな画角だし、GRDの21mmの描写はヤワなコンデジなどは相手にはならないし、単焦点21mmで言えば並みの一眼もかなわないくらいですから、ストレートに撮りたいですね。

私はこれで撮りました!というのが好きですねえ。それでこそ21mmなんですから。変な小理屈をつけてウルトラワイドを歪曲?して使うのは大キライです。28mmくらいなら素直な描写でも納得しますが・・・。

0919_2
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

21mmという画角は以前も書きましたが、かなりの数のレンズを使ってきました。現在でもこのGRDの21mmのほかに4本を使っています。

なんで4本も!?と言われそうですが、それぞれ描写が見事に違うわけで仕方ないかな?と。レンジ系で2本、一眼で1本、そして中判で1本。

その中でもこのGRDの21mmは軽く絞ったときの質感描写はスゴイ!と思うときが多々あります。小さくて手の中に納まってしまうのにニクイやつです。

28mmで素直に!21mmでダイナミックに!てな感じが私のGRDのお作法ですかね。

| | コメント (6)

2006.09.18

キレイな夕景でしたね・・・

0918
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

台風で被害にあった地方の方たちはお気の毒ですが皮肉にもこういうときの自然は美しい光景をプレゼントしてくれますね。

今日の夕日はキレイでした。

電柱や電線は風景写真を撮る人には天敵ですが、今日のような夕日のときはこれはこれで都市の光景としてはありだなあと思います。

自宅近辺もあちこち電柱・電線だらけ。コイツなんか四方八方から集まって頑張ってるなあと・・・(笑)

肉眼ではもう少しディティールは見えているのですが、それは写真の世界、完全にシャドウになって美しいオブジェと化しております。

街灯も灯って1日の終わりにちょっぴり切なく感じさせる一瞬ですね。ハハ、今日はいつになくおセンチな私でした。たまにはねえ・・・。

0918_2
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

ところでGRDはそろそろ1周年なんですね。あの派手な発表プロモーションからもう1年なんて。でもGRDは陳腐化していませんね。

結局、21-28mmという画角で使い応えのあるコンパクトデジって未だにGRDくらいですね。今となっては画質は飛びぬけて優秀ではありませんが確かな手答えのあるデジは少ないです。

寄って良し、離れて良しのウルトラワイドって意外と少なく息の長いカメラになりつつありますね。格好はともかくやっぱりGRDの21mmって好きですねえ・・・。

| | コメント (6)

2006.08.31

あ~ばかばかしい・・・

0831
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

のっけから失礼なタイトルですが、あまりにもひどい話なので・・・。まず、このカット、著作権侵害になると思います?

今日、水道橋にある某有名遊園地で散歩がてら撮影をしていたら、警備員が近づいてきて、「撮影をご遠慮願いますか」とのこと。

「撮影禁止なんですか、ここ?」
「いやご遠慮いただいてます」
「えっ、それどういう意味?禁止という意味じゃないの?」
「ええ、禁止ではなくご遠慮いただいてます」
「???」

最初から、つじつまが合わない話から始まり、要はこの遊園地は製作者に著作権があるので許可の無い撮影はご遠慮いただいてますということらしい。

私もデザイナーをしていたのでこの手のモノの著作権は全く無いとは言わないが、そういう場合はそっくりそのまま同じものをどこぞに作ったら侵害になるとは思うけど写真撮っただけで侵害になるわけないでしょが!

しかも「じゃあ、あそこで撮ってる人はいいのかい?」と聞いたら家族連れはいいんだと!?私が一人でいかにもプロっぽい機材(警備員の言葉ですから・・・笑)で撮っていたことが問題らしい。

あきれて口あんぐり状態。しかも許せないのは肝心の管理者はモニターチェックして何も分からない警備員に行かせてこういうことをマニュアルどおり言わせていること。

み~んなあちこちで写真撮ってる遊園地でこんなことを言われるとは夢にも思わなんだ。最近、どこへ行ってもこの手の真面目な撮影者の受難時代だと感じる。

何も知らない警備員相手にウダウダ言っても仕方ないし、あまりにもばかばかしいのでその場は素直に言うとおりにしたけどもうすでに撮り終わっちゃったんだけどねえ。(笑)

以前も、ある美術館を外から撮っていたら関係者がすっ飛んできてこの建物は建築家に著作権があるから撮影禁止です!と言われ、そのときもあきれたのを覚えているけど。

まさか遊具にもあるとは思わなかった・・・。唖然!昨今「著作権」と言えば大抵の人が黙って引き下がると思っているふしがあるけど考え違いもはなはだしい。

もう一度言うけど太陽をバックにして遊園地の遊具を撮っただけで著作権侵害になるわけないでしょ!そんなに撮って欲しくないなら、壁でも立てて全部隠したら?

さぞかし、素敵な遊園地になると思うけど。ほんと今の日本は狂ってる・・・。

| | コメント (16)

2006.08.09

台風一過

0809
RICOH GR DIGITAL

結局、関東地方の台風はかすめるように通過してその後、案の定、急激に空模様が変わりました。こういう時の空は刻々と表情が変わるから、その自然が作り出す造形美が好きです。

今日はさる方から譲り受け、何から何まで手がかかって楽しくて仕方ない?夢にまで見たマニュアルカメラを持って出ましたが、そこはデジタル。ポケットに入れていたGRDで撮ったものをアップしました。

ちょっとした思い付きで贅沢にもGRDの露出計にチャレンジしました。(開発者には申し訳ないですが・・・)使えるかどうかは現像の上がり次第です。でもアップの予定はないです。(笑)

図らずも偉そうに物欲の塊?みたいにここに羅列してあるカメラたちとは一線を画し、写真を始めて以来、かねてから思い入れの強かった特別なカメラなので・・・。(簡単には使いこなせず手強いという意味もあって)

いずれそれだけのサイトを作れたらいいなあなんてことも考えています。

それにしても雲はもう秋の空みたいでしたねえ・・・。

| | コメント (7)

2006.06.10

GRDについて色々と・・・

0610_1
RICOH GR DIGITAL

最近、更新するのに気が向かない?ということが多々あります。本当に目が回るほど仕事が忙しいとき、あまり写欲が沸かないときとか、あとはなんとなく(これが一番多い、笑)。

まあ、いい加減とも言えますし、長くやっているとそういうときもあるし、いい意味で適当というのもありかな、と。(笑)毎日更新されている方を尊敬しちゃいます。ホント。

で、更新する気になったのは最近、あの田中希美男さんがご自身のブログでGRDについて熱心に語られているのを見て。田中さんはものすごくたくさんのカメラを実際に使われてコメントされているのでなかなか説得力があります。

メーカーからの借り物が多いのでその点では私のコンセプト(自腹で買って使う!)とはちょいと違いますが・・・(笑)。それでもメーカーが聞いたら目を剥くようなこともかなりハッキリと言われていますね。

0610_2
RICOH GR DIGITAL

その田中さんがGRDでこのままズームが欲しい時があると語っていました。これに対するコメントも予想通り?数多く色々と。ところであのくらいの方がコメント自体を許可している姿勢もすごいなあ~と感心。

肝心の私はと言えばズームはいらない!という考え。以前も書きましたが単焦点は気持ちが単焦点になるそういうマインドのときにしか使わないのでいりませ~ん。と言うかここ何年も仕事以外では積極的にズームは使っていないような・・・。

モノを見るときに28ミリで見るという行為が潔いし、それが正しいGRDの使い方と感じています。またそれ自体が楽しいわけで・・・。やっぱりGRは単焦点でしょう!

それよりも何よりもGRD21をなんとしても出して欲しい!あの不恰好なコンバーターを見るたびにう~ん?と。写りは最高なのに・・・。ホント惜しい。

0610_3
RICOH GR DIGITAL

とまあ、色々とありますよね。いいカメラだけに。最近、またストラップなしで片手の中に携帯のように持ってスナップ?を効かせてパチパチ。

そのときの設定はAvモードでf4固定、スナップモード、ISO100、屋外(デイライト)、-0.3EV、画質・サイズはJPGファイン、4:3か3:2は気分次第、あと画像設定は秘密?のオリジナル設定。

そう言いながら今日のカットは全部マクロ(笑)。修理から戻ってマクロが素晴らしいレスポンスになって非常に使いやすくなりました。もともとリコーのマクロはこうだったのに。

以前、G4WideとRXを使っていて修理前のGRDのマクロに正直、首を傾げていました。やっぱりこうでなくっちゃね。リコーのマクロは。

それにしても同じようなアングルばかり?芸が無いというかなんともいやはや・・・(笑)アングルよりも質感に惹かれたのです(←言い訳、笑)

0610_4_1
RICOH GR DIGITAL

ということで最後に鮮やかなカットも。

| | コメント (4)

2006.06.02

ブレッソンのドキュメンタリー

0602_2
RICOH GR DIGITAL

今日はもう絶対オフ!ってな感じで色々と気になっていたことを片付ける日にしました。

中でも一番気になっていたブレッソンのドキュメンタリー「アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶」を観ること。早速渋谷へ。

永く東京近辺に住んでいますがやっぱりここは私の来るところではないような・・・。落ち着かない。人が多すぎる。一目で分るナンパ野郎がうじゃうじゃ。若い子も理解できない行動・・・。これはジジイの証しか?

まあ、そんなことはどうでもいいのですが。一路スペイン坂、ライズXへ。なんと38席という今までにない未体験のミニシアター。念のため早めに行って整理券をゲット。平日の1時間前で10番!ってどうなんでしょう?

後で分ったんですがこの順番で入場ということに。つまりここはなるべく早めの番号でないと席が自由に選べない仕組みになっています。(当然ですね。笑)

で、席数も少ないし、席自体も一人席や二人席、三人席、それが1階席・2階席と色々あってかなり変則になっています。しかも中世の劇場かなにかがモチーフなのか?不思議な雰囲気のシアター。

好みが分かれるでしょうね。私も正直ちょっとビックリ。でも席はゆったりだし、落ち着けるので悪くない印象でした。さて、肝心の映画のほうですが・・・。

0602_1
RICOH GR DIGITAL

う~ん、写真をやっている人全ての人の心の琴線に触れるような言葉が次々と。写真家自身が自分の作品をここまで熱心に解説すること自体が空前絶後じゃないですかね。

それがあのブレッソン自身では参りました。という感じです。ネタバレもなんだかなあなのでひとつだけ、本当に驚いたのはあのガンジーの死の間際に立ち会っていたということ。

暗殺前日と暗殺、そして葬儀とあのブレッソンがあのガンジーの死に際を写真にきっちり収めていたとは・・・。これも巡り合せというものなんですかね。20世紀の巨人同士の。

ちなみに私はブレッソンのことはそれほど詳しくありません。有名な作品の何点かはもちろん知っていますし、ライカ使いでマグナムの創立メンバーということくらいです。

そのブレッソン初心者の私が今日の映画は感動させられました。

モノクロプリントを一枚一枚丁寧に取り上げながら、時には記憶の糸を辿るように、時にはユーモアを交え、時には少し深刻になりながら説明する姿には思わず引き込まれました。

時代も違うしレベルも当然違いますが、シャッターを押す瞬間の気持ちはみな同じなんだなあ~と。あともうひとつ、ブレッソンでもポートレイトは楽しいけれど一番難しいと語っていたことが印象的でした。

ブレッソンと言えば決定的瞬間のスナップで有名ですが、ポートレイトの作品を語る姿は優しい好々爺でとても好感がもてましたね。

BGMもバッハを中心としたクラシックばかりで心地良い時間が過ぎていきました。で、ここのところ忙しく寝不足ぎみだったせいか不覚にも最後の10分くらいウトウトと・・・。

あ~、最後に決定的瞬間の落ちがあったような・・・?もう一度見に行こうか迷ってます。(笑)

| | コメント (5)

2006.05.15

GRD帰還

0515
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

昨日、R-D1グループ展へ行ったおり、改めて驚いたのがR-D1ユーザーのGRD保有率!R-D1の写真展なのに胸にはGRDばかり・・・。

あっちもこっちもGRDだらけ。かく言う私も同じ。考えてみれば当然なのかも。R-D1の数少ないウィークポイントはワイドレンジ。

R-D1で28mmと21mmの焦点域をカバーするのは実質10mm台になってしまい選択肢は少なく、素直に見ればコシナのワイド系あたりのみ。性能はいいのだけれど明るさがイマイチ。

そうなるとGRDの28mmf2.4はやっぱり魅力。しかも軽量のレンジのお供はコンパクトというのもいいし、レンズ性能も文句ないとなればやっぱりね。当然の成り行きですかね。

それはそうとやっと私のGRDも帰還しました。修理内容は鏡胴ユニット交換とモードダイヤル調整。もちろん無償。これが本来のGRDかあ~。と思えるほど見違えるようなフィーリングに。

やっぱりGRDって本来の性能が出ればいいカメラですねえ。ホント。しかも21mmなんていう焦点距離で一瞬を切り取れるコンパクトデジはこれ以外ないですもんね。

R-D1と一緒でも気持ちいいし、デジでは最高のコンビかも・・・。

| | コメント (10)

2006.03.13

慣れ親しんだ感覚

0313_1
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

気がつくと新宿や有楽町は仕事や趣味?で毎週のように通っています。天気が良かったりすると都庁あたりや銀座4丁目あたりには必ず足が向きます。

何回行っても飽きません。自分でもあきれるくらい・・・。

しばらく5Dで標準系のボケの世界を愉しんでいました。その世界も楽しいのですが慣れ親しんだワイドの世界もやはり良いものです。

0313_2
RICOH GR DIGITAL

久しぶりのGRDは少しグズリました(起動が少しおかしい・・・)が、このカメラのモノクロはやはり特筆すべき描写力があります。建築物のディティール表現や空の階調表現はう~んと唸ってしまいます。

出来ればGRDを持って先ごろオープンした表参道ヒルズなども行きたいのですがいまだ混雑状態のようなので、落ち着いた頃に思う存分ワイドを堪能してこようと思っています。

今日のカットはシャープネスを強めにかけています。ディティールを出すためにあえてかけました。嫌う方もいますがシャープネスもケースバイケースです。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006.02.07

イメージの原点

0207_2
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

先日、ある方からのコメントでGRDの絵作りで質問コメントをいただき、そのお答えの中で私のイメージの原点とは何だろう?と自問自答しました。

デジタルフォトは自分のイメージどおりに仕上げられることが最大のメリットであると何度か書いてきました。でもそのイメージとは何をモノサシにしているのだろう?

確かに言葉で言えばなんとなく分ったような感じでしたが改めて自問してみると、私の原点は「Velvia」でした。リバーサルで風景を嬉々として撮っていた頃、そこにはいつも「Velvia」がありました。

超微粒子!高精彩!という謳い文句で発売当初、その頃では珍しいISO50の低感度。

当然いつも三脚を使い、EOSのサブ電子ダイヤルで露出補正を頻繁にし、実は実効感度は40なのだ!などと嘯いては補正時に知った風にシャッターを押すことにある種の快感を覚えていました。

(今、思い返すとちょっと恥ずかしい・・・)

現像上がりのスリーブをライトボックスに並べて見る時の「Velvia」のクリアさ!鮮やかさ!精細さ!まさしくここが原点でした。

ただ、「Velvia」だけが原点でもなく、「PKR」もお気に入りでした。当時の自分はコストや現像手間など、それを積極的に使える環境ではなく、ある種憧れのような存在でもありました。

今日のカットはGRフィルタをそのコダクロームバージョンで仕上げてみました。キリリとシャープで少し墨を含んだように見えますかね・・・。(笑)

実はGRD側の画像設定との兼ね合いもあるのでもっとらしい?カットはまた後日・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)