2006.08.27

不滅のヒーロー

0825_1_1
CANON EOS-1Ds MarkⅡ with TS-E24mmF3.5L

またお仕事がらみですが、先日世田谷文学館の企画展「不滅のヒーロー・ウルトラマン展」の撮影へ行ってきました。

なぜ、世田谷文学館でウルトラマン?というのが素朴な疑問ですが実は世田谷はあの円谷プロダクションがあり、ウルトラマン生誕の地なのです。

その関係で今回、ゆかりの展示品がこの世田谷文学館にたくさん展示されています。私はウルトラマンがジャスト世代ですがその後のウルトラ兄弟たち?(ウルトラセブン以降はあまり詳しくないんですが)ももちろん居ます。

怪獣の着グルミや実際に使われていた司令室のセットなどはありますが、レトロなポスター風のグラフィックパネルやイラストなど、どちらかと言うと文学館ならではの展示。よくあるウルトラマンショー的ではないので大人がゆっくり鑑賞できる内容になっています。

個人的には科学特捜隊のヘルメットとガン、そして3m近いウルトラマン像が懐かしかったですねえ。

そのウルトラマンですがTV画面の中の記憶しかなかったので入口のオブジェ?を見て改めてマッチョで素晴らしいボディと意外と格好の良い赤いスーツ?が印象的でした。

0825_2
CANON EOS-1Ds MarkⅡ with EF17-40mmF4L

展示室は著作権の関係で3ヵ所の撮影スポット以外は撮影不可なのですが、私と同じように子供の頃の懐かしさを感じる中年世代を筆頭に最近のウルトラ兄弟の若いファンたちや子供たちが多数来館し、記念写真を撮りたいという要望が多いらしいです。

それだけ貴重な品が多いということですね。興味のある方はぜひ世田谷文学館へ。9月10日までです。

上のカットはその撮影スポットのシーンです。ちゃぶ台を挟んでウルトラマンマックスとメトロン星人のツーショットってちょっとシュールじゃないですか?このシーンはマニアの間ではかなり話題を呼んだらしいです。こんなシーンが実際にあったんですねえ・・・。

でもやはりウルトラマンが一番ですねえ。私にとっては・・・。マニアの間でもウルトラセブン以降は認めないという人も多いそうです。その気持ちなんとなく分かりますねえ。

| | コメント (5)

2006.02.09

asakusa night rambling

0209_1
CANON EOS-1Ds MarkⅡ with EF35mmF1.4L

仕事帰りに浅草へ。先日、たまたま通ったときにライトアップを知り、時間があればちょっと寄ってみたいと思っていました。

平日の夜は人影もまばらでいつも賑わっているイメージがある浅草寺もひっそりでちょっとびっくり。

0209_20209_3
CANON EOS-1Ds MarkⅡ with EF35mmF1.4L

何種類かの朱色のトーンが鮮やかに浮かび上がり、静まり返った境内との対比で独特の空気感を醸し出しています。そんな中で一心に祈る人たちが印象的でした。

また、浅草と言えば電気ブランの「神谷バー」。ここも変わらずにいい雰囲気を残しています。浅草1丁目1番1号の表示も誇らしげ。

0209_4
CANON EOS-1Ds MarkⅡ with EF35mmF1.4L

ファサードをよ~く見ると5種類の「神谷バー」の文字。こんなにあったんだあ・・・。ひとつひとつはバラバラだけどなんか絶妙なバランスです。

1階がバーで時間があればちょっと寄ってみたかったですねえ・・・。

ところで今更ですが、1Ds MarkⅡとEF35mmF1.4の組み合わせは今までの夜間撮影の概念をひっくり返しますねえ。手持ちで開放でバンバン撮れてしまう。もちろんISO1600なんていう高感度なのだけど・・・。

いや~、楽というかなんと言うか、しかも画質はまったく文句ないし。う~ん、やっぱりこういう場面ではキヤノンの凄さを実感しますねえ。

ほとんど仕事オンリーで、普段使いとして持ち出すことは無かったのですが考えを改めようかなあ。それにしてもこの大きさと重さはほんとこたえます・・・。(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.15

V10ラストサウンド

0115_1
CANON EOS-1Ds MarkⅡ with EF24-70mmF2.8L

その距離3m!鈴鹿のF1でスタンドから撮った経験は何度かありましたが疾走するF1マシンをこんなにも至近距離で撮ったのはさすがに初体験。こんなに興奮したのも久しぶり。今でもあの甲高いV10サウンドとオイルの香りが蘇り、ワクワク・・・。

続きを読む "V10ラストサウンド"

| | コメント (3) | トラックバック (0)