« shiodome sky | トップページ | 大口径が面白い! »

2006.08.23

唯一のウィークポイント

0823_1
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Distagon T*21mmf2.8

先日、アルフィー恒例のサマーコンサートのステージ撮影で横浜の赤レンガパークへ行ってきました。

ステージデザインの撮影は通しのリハーサルを待って撮影するのがいつものパターンなので待ち時間が長く、待機中はパーク内を5Dと、このレンズ1本でブラブラしていました。

ここは夜になるとライトアップされて明治の古の雰囲気がより印象的になってなかなかロマンティックで素敵なところになり、あちこちカップルだらけ。

たまたま居合わせたアマチュアの撮影グループもデジ一眼で三脚を使ってライトアップされた赤レンガ倉庫を熱心に撮影していました。

0823_2
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Distagon T*21mmf2.8

不真面目な?私はもちろん手持ち!5Dのいいところはこんな状況でもISO800ないし1600で手持ち撮影が可能なところ。ワイドレンズとあいまって軽快に気持ちよく時間つぶし?ができました。

2枚目はこのレンズ唯一のウィークポイント、近距離でのディストーションの独特のクセが出ています。お分かりになります?強烈に補正をかけすぎて左隅の支柱が陣笠状の複雑なカーブになっています。

これ以外はまったく欠点が見当たりません。いいレンズです。デジタルとの相性も抜群です。

|

« shiodome sky | トップページ | 大口径が面白い! »

コメント

ほんの少しでこれくらいは全然OKな感じですね。
最近、あるズームレンズが気になっています。単焦点
レンズからすると面白みが少し無いような気もします
が、手持ちでサクサクスナップするのにいいかなと。
24-105mmF4LISです。5Dの高感度noiseレスとこの
レンズの手ぶれ補正で夜の撮影が凄く楽かななーんて
思うのですが。

投稿: farfarsideK | 2006.08.24 11:15

えっ?全然わかりませんでした・・・w。
21mmという超広角であることを考慮すれば全く問題ないと思います。値段もスゴイですがw。

投稿: M Style | 2006.08.24 12:40

こんにちは。
ISO800や1600でこの絵になるのは、さすがキヤノンですね。
しかし5D+ツァイスレンズってほんとにすばらしい絵作りをしますね。
Distagon35mmF1.4とあわせて、物欲を必要以上に刺激されて困りますよ、、、、。

投稿: Swing75 | 2006.08.24 17:04

>farfarsideKさん
そのズームレンズ、今や仕事のメインレンズになってます。お勧めですよ。いいレンズです。テレ側のボケなどf4にも関わらず、なかなか秀逸です。手ぶれ補正もかなり効きます。ただ、夜の撮影が手持ちでどのくらい使えるか?私も試したことはないのでなんとも言えませんが、とにかくこのレンズは太鼓判を押します(笑)

>M Styleさん
通常使用の場合は問題ないかもしれませんね。私の場合はこれを仕事に使おうかと試みました。でも建築・室内ではやはりこの独特のクセがダメでした。曲線ばかり?なら、一眼のワイドではダントツだと思います。

>Swing75さん
今のところキヤノンの大きなアドバンテージですね。高感度撮影での高画質は。
物欲を煽ってますね、確かに(笑)でも最近ではそれが使命かなと感じています。って冗談ですが・・・。(笑)

投稿: itamura | 2006.08.25 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« shiodome sky | トップページ | 大口径が面白い! »