« 唯一のウィークポイント | トップページ | EF50mmf1.2L! »

2006.08.25

大口径が面白い!

0824_1
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmf1.2 60years

先日、CMOSクリーニングのため、キヤノンの新宿サービスセンターへ行きました。クリーニングも終えてレンズのショーケースを見るとあのEF85mmf1.2L Ⅱが。

前のタイプからどのくらい進歩したのか?Planarとの違いは?といったことが頭をよぎり、きれいになったばかりの5Dで試し撮りをしてみました。

やっぱりでかくて重い!Planarと比べるとなんか無意味に大きいような・・・。USMのAFユニットだとか色々と入っているのは理解できるけどやっぱりこのレンズお世辞にも格好いいとは言えない・・・。

それにしても驚いたのがピントリングの感触。スカスカというかツルツルというか指1本でクルクル回ってしまうピントリングなんて。

これが正常なの?と尋ねたら、おね~さんでは分らず、ちょっと偉そうな人が出てきて調整はできますがそれが標準ですと。ふ~ん、てな感じ。

噂によるとあえてこういうメカニズムにしているらしいのですが・・・。

こんなピント爆薄のレンズ、ちょっと無理があるんじゃないかな?AFも速くなったと聞いていたけど驚くほどじゃないし、やっぱりこのクラスのAFは快速というわけにはいかないのですかね?

肝心の写りも比べたかったけどデータの持ち帰りは不可だそうで、サービスにあるボディとならばいいらしいのだけど私の5Dじゃダメなわけ?

スネても仕方ないので写したデータはおね~さんの目の前できれいさっぱり消してきました。(笑)

0824_2
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmf1.2 60years

f1.2クラスのレンズは正直、AFなんて使えないし、最後の数ミリはマニュアルじゃなければ到底無理なわけでキヤノンファンとしては非常に残念・・・。

レンズ自体は円形絞りになったようだし、写りは多分素晴らしいのでしょうね。きっと。でもねえ他のレンズならまだしも、このクラスのレンズの使い道を考えたらねえ・・・。

ツァイスのマニュアルフィーリングのほうが好きだなあ。別にツァイスだけを持ち上げるわけではないけど、あのまったりとしたピントリングを一度使ったら、やっぱりこっちでしょう・・・。

ところで同じ大口径レンズでキヤノンから新しい50mmF1.2Lが発表になりましたねえ。噂はありましたがF1.2で復活ということですね。デザインも少しスリムになってまったく新しいモデルになったようで。

できればピントリングの感触が向上していればすご~く気になるモデルなんですが・・・。なんせ同じF1.2のPlanar 55mmはもう手が届かない価格の上、モノがない状態になってますからねえ。

いずれにしてもフルサイズでの大口径はやっぱり最高に刺激的で面白いですねえ。

|

« 唯一のウィークポイント | トップページ | EF50mmf1.2L! »

コメント

お久しぶりです。以前にGRDの絵作りでコメントさせていただいたものです。
偶然ですが私も先日5Dのセンサークリーニングの為に大阪、梅田のサービスセンターに行ってきました。
で、私も同じようにEF85mmf1.2L Ⅱに目がいってしまい、5Dで試写させてもらってきました。

解放でテストしていたつもりだったのに、残念ながら2.8で撮影していたようで肝心のボケ味、AF精度などはわからずじまい、、、。
なんともマヌケですねぇ。笑い
機会があればもう一度試したいと思います。

ちなみにこちらでは自前の5Dで撮影したデータは何も問題なく持って帰らせてくれましたよ。
なんでもポスターや人物が写らなければいいとのことでした。

投稿: kazui | 2006.08.26 02:31

またまたはっとする写真ですね。
2枚目の写真見た瞬間、思わず深呼吸しちゃいましたよ。
なぜかはわかりませんが(笑)

AF用のレンズはだいたいピントリングが軽いですよね。
僕は無理矢理動かない鏡筒部分にも指を半分かけて、自ら抵抗感を生み出して使ったりしています。
慣れればそれなりに微妙な調節ができるようになりますが、もともとMF用に作られてレンズにはかないませんね。

Planar 55mmはたまたま新宿の中古カメラ屋でみかけましたが、ちょうど1万円×焦点距離近い値段になってましたよ、、、

投稿: Swing75 | 2006.08.26 07:22

大口径のF1.2位になると、ガンガン撮るタイプのレンズとは少し趣が違ってくるので、より操作感やタッチには高い次元を求めてしまいます。キャノンのL-レンズ系は比較的
ズームに関してはしっとりと程よいトルク感みたいなのを感じますが、ツァイスのディスタゴン35mmなどを触ると
あーツァイスの感触いいなーって思ってしまいます。

投稿: farfarsideK | 2006.08.26 10:55

>kazuiさん
お久しぶりです。私も人物は撮らないでくださいと言われたのでサービスのおね~さんを撮りました。(笑)
持ち帰りは自分の5Dでは出来ませんでした。場所によって違うのですね。

>Swing75さん
今度の50mmもどうも電子リングというヤツらしく、スカスカのようですね。まあ、AFとMFがシームレスなキヤノンレンズはそれはそれでいいのですが・・・。
その55mm、私も見ました。(笑)いくら100周年プラナーと言ってもさすがに標準レンズにあの値段では手は出ませんね。

>farfarsideKさん
そうなんですよ。やっぱりツァイスレンズのマニュアルフィールは絶品ですから、どうしても比較してしまいますよね。そのあたりのフィーリングを除けばキヤノンの描写は好きなのですが・・・。

投稿: itamura | 2006.08.26 22:12

こんばんは。
いつもすばらしい写真拝見しています。
itamuraさんのBlogに影響を受けて、Zeissレンズにはまってしまいました。マニュアルフォーカスで写真を撮るのはほんとに楽しいですね。昔はあたりまえだったのに新鮮な感覚です。
ただ、私の場合、腕の無さでたいした写真は撮れませんが...
私は、S2000の旅の記録をBlogにしています。itamuraさんもホンダ好きとのこと、今後もよろしくお願い致します。

投稿: 3troy | 2006.08.28 21:31

>3troyさん
初めまして、ご訪問ありがとうございます。
デジタルでマニュアルというのは今の時代では
贅沢かもしれませんよね。ある種の。でも本当に楽しいですよね。

ザッとですがブログ拝見しました。S2000いいですねえ!私は今は正反対のエリシオンなんですが90パーセントは仕事車になってます(笑)
機材が多くなければ実はS2000はど~かなあ。とディーラーに真剣に相談もしたんですよ。でもやっぱり無理でした。

これからも写真とS2000の記事愉しみにしていますね。よろしくお願いします。

投稿: itamura | 2006.08.28 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 唯一のウィークポイント | トップページ | EF50mmf1.2L! »