« R-D1グループ展 | トップページ | 久しぶりの夕焼け »

2006.05.15

GRD帰還

0515
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

昨日、R-D1グループ展へ行ったおり、改めて驚いたのがR-D1ユーザーのGRD保有率!R-D1の写真展なのに胸にはGRDばかり・・・。

あっちもこっちもGRDだらけ。かく言う私も同じ。考えてみれば当然なのかも。R-D1の数少ないウィークポイントはワイドレンジ。

R-D1で28mmと21mmの焦点域をカバーするのは実質10mm台になってしまい選択肢は少なく、素直に見ればコシナのワイド系あたりのみ。性能はいいのだけれど明るさがイマイチ。

そうなるとGRDの28mmf2.4はやっぱり魅力。しかも軽量のレンジのお供はコンパクトというのもいいし、レンズ性能も文句ないとなればやっぱりね。当然の成り行きですかね。

それはそうとやっと私のGRDも帰還しました。修理内容は鏡胴ユニット交換とモードダイヤル調整。もちろん無償。これが本来のGRDかあ~。と思えるほど見違えるようなフィーリングに。

やっぱりGRDって本来の性能が出ればいいカメラですねえ。ホント。しかも21mmなんていう焦点距離で一瞬を切り取れるコンパクトデジはこれ以外ないですもんね。

R-D1と一緒でも気持ちいいし、デジでは最高のコンビかも・・・。

|

« R-D1グループ展 | トップページ | 久しぶりの夕焼け »

コメント

GRDいいですよね。ただ私的にはISO100で(64だと計算がこんがらがるのでw)日中にマニュアルでWBはデイライト固定でという条件が付きます。やっぱりコンパクトの宿命か、ノイズが気になってこれ以上の設定には出来ません。黒白ならもっと感度上げても良いのですが...
某SNSでカラーでISO200以上はキツイよねーと発言したら袋叩きにあいました。

ところで無関係レスで申し訳ありませんが、5Dに逝きました。あまりの軽さにコケそうになり、ついでに某タムロンの28~75 f2.8も買っちゃいました。帰り道に諸々撮って自宅でチェックしましたが、この組み合わせ十分すぎるクオリティですね、5Dは同業や開発者から「良いぞ」と聞かされていたので非常に期待していたのですが、やはりデジタル物はランクよりも新しさが勝るようで、かなりの部分でDsMkⅡを凌いでいると感じました。それから某タムロンもサンキュッパとはとても思えない写りで驚きです。今までレンズメーカー品は敬遠していたのですが、一気に見方が変わりました。お仕事カメラバックが一気に軽くなる予感です。

投稿: オザワエイイチ | 2006.05.16 00:48

追伸です。
今日から5日ほど休みが取れたので、一人暮らしの母親が待つ逗子へ里帰りです(カミさんは地方巡業)あまり天気が良くないようですが、とりあえず、ヤシコン・プラナー50mm f1.4とコシナツァイス・50mm f1.4をガチンコ対決@5Dさせるつもりです。

投稿: オザワエイイチ | 2006.05.16 08:53

僕もGRDはいつも持歩いています。凄くコンパクトで
迫力ある広角、そしてマクロが撮れるのでどのカメラ
にも例外なくサブ機として役割を分担してもらってい
ます。空をよく撮るんですが、いつもGRDで撮ってい
ます。コンパクトデジは、いろいろとニュー製品が出
てきていますが、21mmまで撮れるっていうカメラは
あまりないですね。

投稿: farfarsideK | 2006.05.16 10:49

>オザワさん
GRDについてはコンパクトデジに何を求めるか?でずいぶん違った印象になるでしょうね。私的にはGRフリークだったのでデジタルでGR28mmとGR21mmが楽しめるというだけで十分ですけどね。

5Dは非常に優秀なカメラですし、あのヤシコンがデジタルで楽しめるなんてもうそれだけで文句ないですね。(仕事以外の機材については最近は結構ノーテンキです。笑)

>farfarsideKさん
実はR-D1ではジャスト28mmと21mmというのがないんですよね。ですから、おっしゃるように私もいつもR-D1とGRDはセットで持ち歩いています。本音は21mm専用のGRDが欲しいのですが・・。

投稿: itamura | 2006.05.16 21:22

私もR-D1sとGRDを両方持ち歩く派です.出張の鞄に無理やり...(笑)

GRDはレリーズを(-1)に調整してもらっただけで,21mm化はいたしておりません.どうもあの21mmのルックスというかチープさが...

最近Leica M6TTLを手に入れ,BiogonT*21mm ZMをハメ殺しにして近所をうろついております.

Itamuraさんのこのサイトで触発されてRFとレンズの沼へ...大変興味深く接しております.がんばってください.


投稿: やんp | 2006.05.22 01:25

>やんpさん
こんばんわ。申し訳ありません。ワタシのせいですか?(笑)

ところでR-D1仲間ですね。そしてやっぱりGRDも・・・。ワタシも同じくシャッターは-1にしています。全然違いますよね。21mmについては確かにルックスは?ですが写りがいいので・・・。

ZMのBiogon21mmですか?写りは最高らしいですね。正直、気にはなっているんですが、物欲が他に色々と行ってしまって・・・。(笑)

投稿: itamura | 2006.05.23 00:32

itamuraさん
こんばんわ.やんpです.

そうなんです,アナタのせいですよ.(笑&嬉)

今年の初めに写真好きの親父が亡くなりまして,MamiyaやらNikonやら銀塩カメラを遺産として受け継ぎました.それで写真をはじめたわけですが,何故か...レンジファインダーへ...

あまり大きな声では言えませんが,このHPでも登場しているちっちゃなカメラとか,Leitzと一緒に開発したカメラとか...そう最近やめちゃった...メーカーへぎりぎりM社時代に転職した元家電メーカーの技術者なんですよ.

私の目の前にはそのちっちなカメラを設計したT氏とかいますし...周辺はカメラカメラしているのですが,私はなんだか親父がカメラ好きで,なんか私は入り込めなかったのですが,親父亡くなってからとりつかれたようにはじめちゃって.同族嫌悪というやつだったのか.

GRD.21mmの画角は素人ながら最高だと感じています.ちょっとGRDの見てくれで悪口言いましたが,やっぱりかっちゃいそうです.

それとノクチ...Leica持っているとほしくなりますね...NOKTON 35mm 1.4で我慢していますが.これも結構な値段でした.

雑感になりました.失礼.


投稿: やんp | 2006.05.23 01:03

>やんpさん
ハハ、やっぱり・・・。私の意志に関係なくそういう方多くて困ってます。なんて(笑)。

お父様はお気の毒ですが亡くなられて初めてやんpさんに写真のスピリットを残してくださったわけですね。写真、ぜひゆるりとやってください。

T氏が目の前ですか?それはすごいですねえ。カメラ史上に残る名機はやはりその方のスピリットなしでは生まれなかったシロモノですもんね。素晴らしい環境にいらっしゃるんですね。

私は実際に使ってみなければ済まない性格が災い?して琴線に触れたものは片っ端から使ってその弊害も多々ありまして・・・(笑)。まあ自業自得ってやつですが。

投稿: itamura | 2006.05.23 22:22

はい.今後もよろしくです.TC氏ですが,どうもS社へいっちゃうような感じです.期待しましょう.ゆるりと写真ライフを楽しんで行きます.

投稿: やんp | 2006.05.24 00:22

>やんpさん
こちらこそよろしくお願いします。
そうですか・・・。S社はこの秋に何か動きがありそうですものね。愉しみですね。

投稿: itamura | 2006.05.24 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« R-D1グループ展 | トップページ | 久しぶりの夕焼け »