« Creaters Portrait | トップページ | EPSON P-4500 »

2006.05.28

rambring photo 0528

0528_1

近くの古びた商店街へ夕方の買い物がてらお散歩。

0528_2

欲しいものは全然揃わないし、コレとコレだけというときにしか役に立たない商店街だけど、無いと困るし・・・。

0528_3

帰りはもうすっかり夕暮れ。とろけるようなサンセットカラー。

0528_4

独特のクセはキレイさっぱりなくなるけれどフィルムとデジタルと2度おいしい。やっぱりこのレンズは格別ですね・・・。

全てEPSON R-D1 with NOCTILUX-M 50mmf1.0

|

« Creaters Portrait | トップページ | EPSON P-4500 »

コメント

最近またEPSON R-D1にうずうずきているのですが、私の場合主力のノクチより「ズミタール」や「GR21」「ロッコール」などのまだ掴みきれていないレンズを色々と試してみたいのです。
ライカデジタルも控えていることだし、鉄の意志でいまは持ちこたえているんですけどね。

投稿: Shig | 2006.05.29 12:18

日常の何でもない風景が奇麗なボケで、凄く素敵なシーン
に見せてくれるように感じます。filmでもデジタルでも
凄く素敵な描写ですね。1本あると凄くいいですね。絞っ
て使う人はいないでしょうけど、絞るとそれなりに解像感
が出てくれる様ですね。最近、買い物が過ぎて、すぐには
ノクチは無理そうですが、いつか欲しいです。

投稿: farfarsideK | 2006.05.29 14:37

>Shigさん
R-D1。結果的には息の長いモデルになりそうですね。おっしゃるようにノクチは全くクセがなくなってしまって優等生レンズに変身してしまいます(笑)。ですから面白さで言えばShigさんお持ちの他のレンズのほうがいい味は出ますね。きっと。
ライカデジタルはR-D1にとっては脅威になりそうですね。ただし、楽しみでもあるのですが予想される価格がねえ・・・。(笑)

>farfarsideKさん
このノクチ、開放だとフィルムでは周辺が落ちてクセのある独特の描写でデジタルでは超優等生レンズになりますね。2度楽しめます。
先日のR-D1グループ展であのyayoiさんがこのレンズを絞りまくって撮った写真があって、そのプリントアウトされたブックを見ましたが目を剥きました。驚くほどのシャープネスでした。
やはりノクチは開けると幻想的で、絞ると凄みすら感じるレンズです。

投稿: itamura | 2006.05.29 22:35

この記事読んで検索してみました。なんだか魔性のレンズのようですね!

投稿: M Style | 2006.05.30 22:54

>M Styleさん
そうなんです。ノクチ!この名前だけで参ってしまう輩がた~くさん・・・。(笑)

投稿: itamura | 2006.05.31 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Creaters Portrait | トップページ | EPSON P-4500 »