« 出張のお供も究極のPlanar | トップページ | 今年の桜 »

2006.04.06

f1.2 Show Case

0406_10406_20406_3
0406_40406_50406_6
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmf1.2 50years

このレンズ、価値はズバリ「f1.2の明るさ」ただ1点のみ!

大きくて重かったり、た~くさんピントを外したり、立派すぎる前玉を気にしたり・・・。(笑)

色々と難儀しますが、それでもそれらを補って余りある「f1.2ワールド」は絶品です。これほどのレンズはめったにお目にかかれません。

開けて良し、絞って良し、絞りもf4以上はほとんど必要ない。等倍で見るともっと画素数を!と挑戦してくるかのような底知れぬ解像力!こんなレンズ初めて・・・。

5Dでは少々役不足・・・。1DsMark2でもどうなるか・・・。そんな究極のPlanar。

開放f1.2で撮りまくる。邪道と言われようとも。そうじゃなければこのレンズを使う意味ありませんよね。

良いか悪いかそんなことは気にしませ~ん。撮った分だけ片っ端からお見せしま~す。大ボケ・大トロの世界を。

0406_70406_80406_9
0406_100406_110406_12
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmf1.2 50years

|

« 出張のお供も究極のPlanar | トップページ | 今年の桜 »

コメント

凄い素敵なボケですね。ノクチは昼間開放で使うに
は色々フィルターを使うなど工夫が要りますが、5D
ならそのまま楽しめますね。F1.2の世界は強烈です
ね。僕のプラナー50mmF1.4がどんなに頑張っても
中トロなのに対して、この85mmF1.2はまさしく極
上の大トロですね。

投稿: farfarsideK | 2006.04.07 11:50

>farfarsideKさん
f1.2のボケで語られることが多いこのレンズですが、実はf4~5.6くらいに絞ったときのシャープさは並みのレンズの領域をはるかに超えています。驚愕ものです。

つまり、開放での大トロのボケと絞ったときの目も覚めるようなシャープさが同居している凄まじいレンズです。しかも今日の写真、一切、色味やシャープネスに手を付けずリサイズのみなのです。抜けの良い発色も持ち合わせていて本当に素晴らしいレンズです。

投稿: itamura | 2006.04.07 16:29

itamuraさん。ご無沙汰しています。
こんな絵は日常想像もつかない世界ですね。
また、ボケ味も去ることながら、色味も美しく抜けているような・・・。
それにしても、次から次と恐ろしいレンズを持っていますね(笑)。

投稿: takahashi | 2006.04.08 19:14

>takahashiさん、お久しぶりです。
このレンズ、ボケは予想していましたがおっしゃるとおり、抜けのよさ、クリアさには驚きました。素晴らしい発色です。合わせて抜群の解像力で今まで経験しえない世界を体験させてくれるレンズです。

ハハ。自分でも呆れますが・・・(汗&笑)。でもフリーランスとして最新の機材や最高の機材は可能なかぎり使うべきだと考えています。こう見えても得るものもあれば犠牲にするものもあるんですよ。(笑)

投稿: itamura | 2006.04.08 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/9463470

この記事へのトラックバック一覧です: f1.2 Show Case:

« 出張のお供も究極のPlanar | トップページ | 今年の桜 »