« f1.2 Show Case | トップページ | Rambring Photo 0408 »

2006.04.07

今年の桜

0407_1
CANON EOS-5D with EF14mmF2.8L

毎年、桜はなんとなく撮って終わってしまうのですが、今年も数日前に自宅近くの中山法華経時や真間川あたりをブラブラと。

最近、中望遠ばかりだったので、桜は意識してワイドで。桜の淡い白や淡いピンクはなかなか思い通りの色に写ることは少ないですね。特にデジタルでは。

0407_2
CANON EOS-5D with EF14mmF2.8L

花びらひとつひとつを撮るのもいいのですが、光線状態や花の形などなかなか奥が深いですね。キレイに撮れる人を尊敬してしまいます。

来週には仕事で新宿御苑に丸1日入るので天気が良ければそのときにもう一度撮ってみようと思っています。

|

« f1.2 Show Case | トップページ | Rambring Photo 0408 »

コメント

さすが、〝ワイドの魔術師″。珍しくEFレンズですね。
レンズやカメラにかかわらず、ITAMURAさんの視点はいつも鋭いです。最高の機器たちが喜んでいるようです!

投稿: masaru aso | 2006.04.07 18:08

いや、まってました!(笑)
超広角での桜、お見事です。
ただ、ひとつ気になったのが、桜の花の解像です。デジカメ特有のモヤッとした感じ、うまく説明できませんが、デジカメは総じて、この手を解像するのが苦手な気がします。(もちろんイタムラさんの腕の問題じゃないですよ)
天下の5Dでも、このモヤッと感?が、消えないとなると単なる画素数の問題でもなさそうですね。
以前、SD10の画像を見たときだけ、この手のモヤッと感を感じなかったような記憶があります。
新宿御苑には、zeiss ikonもお供を!
などと図々しく書き込んでしまうHeliosでした。

投稿: Helios | 2006.04.07 18:31

>asoちゃん
魔術師なんて大袈裟だよ(笑)。
桜はアップで撮るのは意外と難しい花だよねえ。苦し紛れのワイドなんだから・・・。

>Heliosさん
桜の花は毎年撮るたびにデジタルとの相性に四苦八苦しますね。等倍なんかで見れてしまうので余計にそう感じるのでしょうが・・・。
5Dのオリジナルサイズの画像自体はモヤッと感は比較的少ないのですが、リサイズするとそう見えなくなってしまう被写体ですね。桜は。

Zeiss Ikon!耳が痛い(笑)。無性にフイルムが良いと思う時期があるのですが、今はデジタル熱が再燃中なので、違うZeissで・・・。(笑)

投稿: itamura | 2006.04.08 00:49

いいものは、やはりいいですね
ディジタル、filmに限らず、いいものなんでも楽しみ
たいですね。物欲に限界はないのですが、お財布の中
身には限界があるので、今は5Dのディジタルの解像感
を楽しみたいと思います。桜そろそろ散り始めますね。
ちってる姿を撮りたいです。

投稿: farfarsideK | 2006.04.08 14:16

>farfarsideKさん
写真をやっている以上、道具としてこのカメラやこのレンズでこういう写真が撮りたい、撮ってみたいと思う気持ちは自然なことですよね。

何かを得ればそのかわり何かが犠牲になる。私もそうして可能なかぎりトライしています。

それから、フリーランスとして新しい機材や最高の機材は可能な限り使うべきだと思っています。もちろん懐は際限あるわけではありませんが・・・。

投稿: itamura | 2006.04.08 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/9473256

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の桜:

« f1.2 Show Case | トップページ | Rambring Photo 0408 »