« 齢五十の思い | トップページ | 懐かしいユニフォーム展 »

2006.04.30

GINZA LEICA

0430
EPSON R-D1 with NOCTILUX-M 50mmf1.0

先週の22日に銀座に世界初のライカ直営店ができました。あまりブログで紹介されていないようですね。

オープン記念にエリオット・アーウィットが来たそうで、時間があれば行きたかったのですが仕事が重なってその日は行けませんでした。

先日、有楽町へ行く用事があったのでちょいと覗きに。数寄屋橋の阪急デパート(今は違う呼び方?)のちょうど裏手のビルの1階と2階。ファサードやインテリアの高級感と入りずらさはやっぱりライカ?

全ての製品が揃っているという謳い文句だそうなんだけど、1階に並んでいるのは代表的なものだけ。お高いものばかり。2階はギャラリーとサービス窓口。1階と2階の間に歴代のライカ。

2階のサービスのスタッフはライカの赤玉マークが入った白衣を着てそれらしくしていましたが、ちょっと話をした限りでは製品についてまだ、あまり詳しくないようで大丈夫かなあ・・・。銀座でライカだぞ~。

同じく2階ではエリオット・アーウィットのおなじみの写真が数点飾られたギャラリー。奥のほうにはいわくつきのライカ3台がケース内に飾られていました。

数年前に開催されたエリオット・アーウィットの写真展「COUPLES」の図録があったので記念に購入。やっぱりライカとマグナムは切っても切れない仲なんですかね。

|

« 齢五十の思い | トップページ | 懐かしいユニフォーム展 »

コメント

itamuraさん。ご無沙汰しています。
行ってこられましたか。新製品がすぐ見ることが出来るのはいいですね。わたしたち田舎ものの観光名所が一つ増えた感じですか(笑)。

投稿: takahashi | 2006.05.01 07:57

itamuraさん、こんにちは。
いつも物欲を刺激させられる危険なブログなのであまり見ないようにしています。(嘘)

ライカの新製品を手にして見れ、購入も出来るそうですね。
そういう機会が来ればいいなぁ~。
修理の窓口もあり検査機器も並んでいるということですがここで修理を行なうのでしょうか?
一度レンズをOHに出してみようかな。
店頭にいた頼りない人と修理をする人はもちろん違いますよね。(笑)
ライカジャパンのホームページってまだ無いですよね?

投稿: mimi | 2006.05.01 14:01

今日無事にR-D1が手元に届きました。
ライカを知ってるので、どこからそう思うのか分からな
いのですが、惜しいなー、あと一息だなって思いました。
でも凄く素敵なカメラですね。凄く好みの色でした。
なんかはまりそうな感じがします。デジタルだけと、し
っかりとライカで楽しんでる時の喜びも感じれる様に
思いました。明日からゴールデンウイークで僕は東京
に出かけてきます。8日頃から再開の予定です。
また帰ってきたらお伺いします。今回はR-D1を持って
行こうと思います。

投稿: farfarsideK | 2006.05.01 15:45

>takahashiさん
銀座でライカって、いかにもですがやっぱり行ってしまいました。ミーハーですから(笑)日本は噂どおり世界一のマーケットなんですね。全体のデザインはたしか建築家がやったはずですよ。それらしくなってました。

>mimiさん
お久しぶりです。全製品があるらしいのですが当然、正規価格なので改めてライカってバブリーなのね。なんて感じです(笑)。
大袈裟な検査機器は確かにありました。簡単な修理はここでやれるようなんですが、うれしいのは正規品も並行品もどちらも修理対象になるそうで見積りもこの場ですぐにできて便利かもしれません。窓口の人と修理の人は別の人でした(笑)
そうなんですよね。まだホームページないですよね。今の時代にやる気あんのかどうなのか?

>farfarsideKさん
よかったですね。GWに間に合って。ライカとR-D1って共存できるんですよね。これが。どちらもより魅力的に見えてくるから困ったもんです(笑)。
確実に言えるのはクセのあるレンズを試したくなることです。一緒に愉しみましょう。KさんのR-D1の写真、楽しみしていますね。

投稿: itamura | 2006.05.01 22:41

イメージして撮るのと偶然撮れた作品の
違いを見せつけられました。(^_^;)

投稿: atsushi | 2006.05.01 23:35

>atsushiくん
これ分った?「COUPLES」・・・。(笑)
エリオット・アーウィットという有名な写真家の「COUPLES」という作品集は人やモノや動物などの色々な「COUPLES」を通して愛情や微笑ましさを表現していてなんとも・・・。するどい観察眼とそれを写真にする腕前には脱帽もんなんだよね。足元にも及ばないけどちょっとパロっちゃった。(笑)

投稿: itamura | 2006.05.02 00:55

itamuraさん、もしかしたら同い年ですね。31年でしょうか。leicaショップまだ行ってません。限られた時間だとつい足が教会の上のほうに向いてしまうせいでしょうか。それとも最近はレンズの方ばかりに興味が行っているせいかもしれません。

投稿: 亀吉 | 2006.05.02 15:29

こんばんは。

実は昨日は打ち合わせやらカメラ屋やら煉瓦亭やらで、ずっと銀座にいたんですが、どうも足が向かないんですよね...こんな地代の高い場所にショールーム借りてる余裕があったら、さっさと日本語のHP作れと小一時間ry

>正規品も並行品もどちらも修理対象になるそうで見積りもこの場ですぐにできて便利かもしれません。
ってことはウチの、3万円で買ったⅢCも診てもらえるのかな?

投稿: オザワエイイチ | 2006.05.03 02:32

>亀吉さん
初めまして、ですかね。確か?ご訪問ありがとうございます。ブログのほうは以前から寄らせていただいてました。滲み玉ですよね(笑)
おっしゃるとおり31年です。同級ですね。私も同じで銀座へ言ったら教会は素通りは出来ません(笑)。R-D1グループ展、伺いますのでもしかしたらお会いできるかもしれませんね。

投稿: itamura | 2006.05.03 02:33

>オザワさん
確かにホームページのほうが先だろ!というのは同じ感想です(笑)型式までは分りませんでしたが、私が行ったときもバルナックを持って色々と相談していたご老人がいましたよ。実は行ったことは行ったんですがあまり長居できる雰囲気のところではなかったんですよねえ~。

投稿: itamura | 2006.05.03 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 齢五十の思い | トップページ | 懐かしいユニフォーム展 »