« 使いやすい?究極のPlanar | トップページ | f1.2 Show Case »

2006.04.04

出張のお供も究極のPlanar

0404_1
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmf1.2 50years

自宅を車で昨日の午後に出て、夜中に撮影し、今日の午前中にはトンボ帰りと、変則日帰りのような感じで名古屋出張に行ってきました。

行きの下りの富士川SA。よく通るのですが今まで時間帯が悪くキレイな富士山を拝めることが出来ませんでした。でも昨日は午後の4時頃通過でちょうどいい順光状態の富士山に出会えました。

0404_2
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmf1.2 50years

まだ、冠雪が残る富士山を久方ぶりに拝みました。4月にも関わらず空気も澄んでいて本当にキレイでした。

SA内のちょうどいい場所に富士山が望める小高い丘があってカメラを持ったたくさんの人たちが美しい富士を写真に納めていました。

やっぱり、みんな同じ気持ちなんですよね。富士山を見ると思わず見入ってシャッターを押してしまう。昨日の富士山は本当にキレイでした。

0404_3
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmf1.2 50years

お仕事の撮影終了後、すぐに名古屋を立ち、徹夜で東京へ戻る途中。今度はちょうど日の出の時間帯に上りの富士川SAに立ち寄りました。

日の出間近のせいかほとんど人気のないSA内を軽く歩いて回りました。静寂なトワイライトの光の中、モノがみな美しく見える、そんなときにこのレンズはピッタリです。

0404_4
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmf1.2 50years

85mmという焦点距離はほのかな思いを写しこめる画角ですね。開放描写も美しく、レンズの力で何でもない光景をよりフォトジェニックにしてくれます。

今日の写真は行き帰りのついでの写真ですよ。お仕事はちゃんとやってますです・・・。ハイ。(笑)

|

« 使いやすい?究極のPlanar | トップページ | f1.2 Show Case »

コメント

先日からプラナーの写真を見せていただいていますが、凄いですね。しっかりした立体感のある描写の中にトロけるようなボケ・・・・。発色もさすがです。新レンズの中でこれほど引き込まれるレンズも久々ではないでしょうか。大口径レンズマニアとしてはなんだか落ち着きません・・・ううう。

投稿: Shig | 2006.04.04 22:27

>Shigさん
大口径の描写に憑かれてしまったのはShigさんのせいもあるんですよ(笑)。f1.4にはない世界がありますよね。

1枚目の写真ですが、オリジナルサイズをお見せしたいくらいです。これだけは5.6まで絞っていますが、富士山の山肌から河原の石ころの一個一個まで克明に描写しているんですよ。5Dの能力もありますが驚愕のシャープさです。

投稿: itamura | 2006.04.05 00:00

いや。仕事はしてはらへんと見た(笑)
今度見せてください~!羨ましいー!

投稿: shingai | 2006.04.05 09:46

素敵な描写ですね。僕がノクチが好きになったのは
結構好きなfilmカメラライカでプラナー風の奇麗な
ボケを生かした写真が撮れるからです。
↑のShigさんのノクチ写真、いつも感激しています。
明るいレンズというのは、ほんとフォトジェニック
好きな僕としては凄く魅力を感じます。

投稿: farfarsideK | 2006.04.05 12:50

>shingaiさん
うっ、仕事の時間だけで言ったら、そうかもしれない・・・。(笑)
ハイ、いつでも。たぶん近々お見せできそうですよね。shingaiさんこそハッセルのデジバックどうなりましたかあ?(笑)

>farfarsideKさん
ノクチは私も興味深々なのですがライカのシャッタースピード1/1000がネックですね。5Dは少なくともシャッタースピードの呪縛からは完全に開放されますから、どんな場面でも思い切りf1.2を堪能できますよ。

投稿: itamura | 2006.04.05 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/9429882

この記事へのトラックバック一覧です: 出張のお供も究極のPlanar:

« 使いやすい?究極のPlanar | トップページ | f1.2 Show Case »