« R-D1s | トップページ | PIE2006 »

2006.03.20

R-D1s、惜しいなあ・・・

0320_1
EPSON R-D1 with GR LENS 21mm F3.5

GRシリーズは、21mmと28mmを所有しています。ご存知、いずれも限定発売で今でも人気があります。そのせいではないですが度重なる機材の粛清を免れて今でも大事なパートナーです。

今までもそしてこれからもおそらく手放さないだろうなあ。と思うのはその手触りの良さです。写りはもうすでに定評があって当然ですがこのGRシリーズのレンズとしての手触りは格別です。

国産で描写が良くてこの手触りが素晴らしいというレンズはそう多くはありません。写りでは最高のM-ROKKORやG-ROKKORもこの手触りではGRシリーズにはかないません。

重すぎると言う人もいるほど一切の手抜きがない作りです。ピントリングや絞りリング、フードやファインダーに至るまで。肝心の写りはR-D1ではご覧の通りのジャジャ馬ぶりですが。

しかし、この手触りがゆえに手元から離れていきません。

なぜ、こんな話をしたかというと今度のR-D1sのことです。R-D1はこの手のカメラとしては手触りは悪くありません。最初にこのR-D1のパッケージを開けて取り出したときのことは今でも忘れません。

ライカに勝るとも劣らないそのソリッド感とフィーリング。でもライカ以上ではありません。ここが惜しいところです。イコンもそういう雰囲気を持っていますがこのR-D1のもうちょっと!というのが惜しいのです。

今回のR-D1sも先日触った限りではこのあたりはそのままで変わってはいません。中身のリファインは喜ばしいことですがレンジファインダーカメラというものをもう少し突き詰めて欲しいのです。ここまでのカメラが作れるのなら。

このデジタル全盛の時代に不便なレンジファインダーを好んで使っているユーザーの真意というもの・・・。それは手触りの良さ(操作したときと所有したときの喜び)、目触りの良さ(見映えと見え方の両方)です。

このへんがクリアされれば1.5倍はまだ飲み込めると思うのです。

R-D1にはその素養があるから惜しいなあ!と何回も言うし、他のユーザーも同じことを言う人が多いと思うのです。返す返すも惜しい・・・。

0320_2
RICOH GR DIGITAL

ところで今日のカットは同じGRの兄弟?いとこ?になるのでしょうか。R-D1+GR21mm(=32mm)とGRDの28mmです。焦点域が近いので撮り比べてみました。

凄まじいばかりの写りの差です。フイルムだとここまでの差はないと思いますがR-D1はここまで周辺が落ちます。というよりケラレに近いです。

写真としては両方ともアリだと思うのです。これが面白いところなんですが。この傾向は全てのレンズではなく対称系のレンズそれも後玉が大きいやつが顕著です。

R-D1sの購入を考えている方達はこれに目くじらたてずに逆に喜びに思う人でなければ使えたもんじゃありません。(笑)余計なお世話ですが・・・。

あ~、やっぱりR-D1は面白いカメラなんです・・・。ホント。

|

« R-D1s | トップページ | PIE2006 »

コメント

こんばんは,
R-D1sの発売はR-D2までの中継ぎであることを信じたいです.たしかに中身のマイナーチェンジは歓迎できますが,なんといってもフルにしてもらいたいというのは小生だけでしょうか.
GR21mm持ってますが,R-D1だとほんとうに周辺落ちはスーパーワイドヘリアー15mmなみになりますね.まあ,これも面白いんですがね...

投稿: Neoribates | 2006.03.21 01:59

こんにちは、
R-D1のD1s相当へのヴァージョンアップをなるべく低価格でやって欲しいと思う今日この頃。
スーパーワイドヘリアー15mmは私もR-D1購入と同時に買ったのですが、周辺落ちが気になって一度手放してしまいました。
でも、手放したら手放したで、その味?が忘れられずに、再度購入・・・。
今ではまったく気になりません。
むしろ全く落ちないレンズの方が味気ないと思う始末。
これから桜の季節ですが、イタムラさんの広角で撮られた作品がでてくることを期待しています(笑)

投稿: Helios | 2006.03.21 08:43

>Neoribatesさん
いえいえ私も激しく期待している一人です。技術的に困難が伴っても挑戦する価値はありますよね。もしもクリアしたら、それこそデジタルでライカに取って代わることもあり得ると思うし・・・。

R-D1ではレンズのクセが増幅されて面白すぎますよね(笑)それをみんなが分った上で好んで使っているんですから。まったく素晴らしいユーザーたちです。(笑)

>Heliosさん
やっぱりR-D1使いは病人ばかり?ですよね(笑)。私もSWH15はシルバー→ブラックと2本目です。(ほんと、おバカです)

そうですねもうそろそろ桜の季節ですね。身の回りの変なモノばかり撮っているのでたまには普通に美しい桜の写真もいいですよね。なんか忘れてました(笑)

投稿: itamura | 2006.03.21 20:33

R-D1・・・・R-D1・・・・・・・・・・・・
先日からオークションのウォッチリストに入れては見過ごし見過ごしを繰り返しております・・・
どうしようかぁ~どうしようかなぁ~
R-D1sってやっぱり中身が進化してるんかなぁ~それならいっそ・・・・
とかね^^
先日もらい物のF4にちょっと浮気しそうな感じになってたのに・・・・・

僕ってホント地獄に落ちるわって思いますね(笑

投稿: echoizm | 2006.03.22 07:22

R-D1sとR-D1とは、それほど差は無いような気がします。新機能は、私にとっては、あればいいかなの程度です。
R-D1は持つと心が豊かになるような気がしますが、懐は間違いなく貧しくなりますよ(笑)>echoizmさん

一般的に望遠で枝の一部を撮った写真は多いですが、イタムラさんなら、広角でどう料理されるのかが気になります。
それにしても「身の回りの変なモノ?」で、これだけ風情がある写真を撮ることができるとは、さすがです(笑)。

投稿: Helios | 2006.03.22 08:52

>echoizmさん
みなおんなじですよ。私なんぞもうとっくに諦めてます(笑)。R-D1sはおそらく価格が下がっての発売ですから、中身がブラッシュアップされていますし、かなりお買い得ではないですか?(なにげに誘ってますね 笑)
しかもその先に深いレンズ沼が待っていますから、ますます・・・。早くお仲間になること愉しみにしています。(笑)
PS:R-D1のモノクロは絶品ですよ!

>Heliosさん
R-D1は他のデジカメとはやはり一線を画すカメラですよね。私のはすでにあちこちボロボロですが逆に愛着を感じてます。そんなデジカメありませんね。

今お気に入りのツァイスもいいのですが、次は5Dと超超広角(12や14)を考えていたので、それであえてトライしようかなあ・・・。もう普通の広角では満足しなくなってます。(笑)

投稿: itamura | 2006.03.23 03:37

R-D1sはほんといいカメラなんでしょうね。
ライカのレンズをそのままデジタルで使うことができるので。
ライカは持つだけで、なんか嬉しくなってきます。
オーラがあるというのでしょうか。不思議なカメラですね。
ライカのレンズをデジタルで沢山楽しめるのはいいな、と思う
気持ちがある一方で、ライカレンズを使うのに、filmでないと
なんかライカワールドの楽しさが半減するのではと思う様な気
もします。焦点距離1.5倍がネックなのか、それともライカをその
まま別格の存在にしておきたいという潜在意識なのか、はっきり
わかりません。

投稿: farfarsideK | 2006.03.23 13:34

>farfarsideKさん
お気持ち分ります。実は数年前、M3を含めて一旦フイルムカメラを全て処分してフルデジタルにしたことがあります。

その後R-D1がきっかけになり、再びライカを手にしました。R-D1とライカは共存するというかR-D1はライカを、ライカはR-D1を呼ぶというか。両方を愛でているユーザーが非常に多く、そうなってしまう気持ちがよく分ります。

レンジファインダーというカテゴリーでフイルムとデジタル両方を愉しむ。いや両方とも愉しみたくなってしまう。困った存在なんです。R-D1というヤツは。(笑)R-D1によってライカがより魅力的に映ります。やはりライカは別格ということを再認識させてくれます。

R-D1はレンズの個性を本当に忠実に描写します。1.5倍は惜しいのですが、それも許せてしまう稀有のカメラです。ボロボロの愛機R-D1はかえって愛着がわき、ホント可愛いヤツですよ。実に・・・。(笑)そんなデジカメはないですね。現時点で。(エプソンの回し者ではないです。念のため・・・笑)

決してライカワールドを犯すことはないですよ。もしR-D1sに行かれるのなら、むしろその逆になることを覚悟して踏み切られたほうがいいですよ。(笑)

投稿: itamura | 2006.03.23 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/9180265

この記事へのトラックバック一覧です: R-D1s、惜しいなあ・・・:

« R-D1s | トップページ | PIE2006 »