« R-D1s、惜しいなあ・・・ | トップページ | 贅沢な体験。究極のPlanar »

2006.03.27

PIE2006

0327
LEICA D-LUX 2

毎年、行こう行こうと思っていけなかったPIE。今年は2日間行ってきました。しかし、機材や情報に触れることはほとんどありませんでした。

目的は「御苗場」。

ブログで知り合ったphotoseason飯塚さんshingaiさん が出展されているコーナー。ここにぜひ伺いたいと思い、初日には友人と連れ立って伺い、その後一人でまた伺いました。

初日の23日には飯塚さんだけがいらっしゃって少しだけお話ができました。翌々日の25日にはshingaiさんともお会いできました。

お二人の展示は他の方達のどちらかと言うと文化祭的なノリ(写真のクオリティではなく見せ方として。ディスプレイデザインをしていたので、つい目が行ってしまいます)とは一線を画す雰囲気で、お互い違う地で生まれ、そして生まれ育った地とはまた違う地を捉えた作品。

かたや酷寒の北の地で生きる人々、かたや都会で忙しく生きる人々。パノラマと135サイズという組み合わせが観る者の視点の動きに自然な効果を与えていました。

まったく違う地の人々や光景を捉えたにも関わらず、そこには共通に流れる人のぬくもりや思い、背負っている背景などが静かに伝わってくる何かがありました。

また、お二人とは会期中の夜に偶然にも親しく語らう場を持つことができ、そのお人柄を知り、作品との関係性においてさらに興味深く拝見することができました。

ご苦労されて作ったブックもじっくり拝見し、フイルム・デジタルを問わず、私ももっともっとたくさん撮らねばと猛省いたしました。

良き作品と良き人たちとの出会いがどれほど自分に与えるものが大きいかを痛感した3日間でした。

|

« R-D1s、惜しいなあ・・・ | トップページ | 贅沢な体験。究極のPlanar »

コメント

僕はもともとカメラにそれほど詳しくないので、今までのカメラライ
フはいろんな人から受けた影響ばかりで今の自分ができ上がってい
ます。自分で開拓してきたという物がなくて、自分でいいなーと思っ
た物をいろいろと調べて、やっぱり良さそうだと思うと誰がなんと言お
うと自分で使ってみないと気が済まなくなってしまいます。
なので、極端な事をいうと、プラナー50mmの先生、GRDの先生、
ライカの先生、など僕にとっての心の中の先生が実に多くいます。
今凄く楽しくフォトライフを送れてるのは、そういう方達のおかげだと
ありがたく思っています。

投稿: farfarsideK | 2006.03.27 14:27

itamuraさん
お会い出来て嬉しかったです。しかも、夜の宴までご一緒出来て。これからもよろしくおねがいします。ありがとうございました。

投稿: photoseason | 2006.03.27 14:52

itamuraさん
お忙しい中ご来場いただき本当にありがとうございました。コンセプトを見事に汲んでいただいた感想をいただき、うれしいです(笑)

また飲みもご一緒させてください。今後ともどうぞよろしくおねがいいたします!

投稿: shingai | 2006.03.27 18:41

>farfarsideKさん
写真はずいぶんと長くやっていますが、機材の進歩や環境の変化で、いくつになっても学ぶべきことが多く、逆にそれが原動力にもなっています。

今回のPIEの企画は年下の方たちばかりでしたが良い刺激を受けました。

>photoseasonさん
こちらこそ、お会いできてうれしかったです。夜の方はお誘いいただき、感謝感謝です。未来の巨匠との熱い時間は愉しかったですよ(笑)。これからもよろしくお願いします。

>shingaiさん
写真展、お疲れ様でした。写真の中身はもとより、素晴らしい出会いの場を作っていただきありがとうございました。

次はグループ展ですね。愉しみにしています。その前にご近所なのでまたお会いしましょうね。(笑)

投稿: itamura | 2006.03.27 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/9281297

この記事へのトラックバック一覧です: PIE2006:

« R-D1s、惜しいなあ・・・ | トップページ | 贅沢な体験。究極のPlanar »