« Comeback Carl Zeiss・・・ | トップページ | コンタックスの極楽堂 »

2006.02.20

スーパープレシジョンマットの威力

0220
CANON EOS-5D with Carl Zeiss Planar T*85mmF1.4

EOS-5D+スーパープレシジョンマット。この組み合わせが再びCarl Zeissに向かわせました。

フルサイズということならば1Dsや1Ds2もありますが、マニュアルレンズであるZeissレンズを無理なく使うにはキヤノンの標準スクリーンではかなりしんどい感じです。

1系にも他社製のスクリーンを入れるという手はありますがそこまでして・・・、というのが正直なところ。それに比べ、5D専用のこのスクリーン、確かに明るいレンズ(2.8以上)での使用感はグッドです。

ボケの見え方がかなり忠実で、ピントが合った部分とアウトフォーカスの部分が気持ちがいいくらいです。懐かしさすら感じます、この見え方は。

昔は50mmf1.4付が当たり前でそれがAF+ズームが主流になり、そのためにスクリーンまでスカスカになってしまって。そもそも一眼レフってこうだったんだよなあ~と思い起こさせてくれました。

真のマニュアルレンズを持たないキヤノンなのに今なぜデジタルの5Dにこのスクリーンが用意されたのか?よく分りませんが・・・。まさかマウントコンバーターを視野に入れていたとは考えにくいですよね。ハハ。

とにかくこのスクリーンの威力は絶大で、まったりとしたピントリングを回す感触と徐々にピント部分が浮いてくる感覚はあたかもCONTAXシステムが復活したかのようです。(ちょっと大袈裟ですが・・・)

このフルサイズデジタルでのマニュアル感覚は病み付きになりそうで、単焦点の明るいレンズしか食指が動かない状態になりそうです。実は最初からそのつもりで5Dへ行ったのですが・・・。

|

« Comeback Carl Zeiss・・・ | トップページ | コンタックスの極楽堂 »

コメント

うひひ(笑)

投稿: shingai | 2006.02.21 05:08

>shingaiさん
shingaiさんのたった3文字のコメント?意味深・・・。「おたがいおバカだねえ」ですかね?おっと「お互い」は失礼しました?(爆笑)

投稿: itamura | 2006.02.21 10:13

再三の変更申し訳ありません

投稿: farfarsideK | 2006.02.21 11:52

スゲー! と本気で感動してるの私だけ?
ボケはもちろんきれいですが、それを生かす視点がここにはあると感じました。
デジタルでも見えるんですね。この世界!

投稿: masaru aso | 2006.02.21 13:15

1DS2をお持ちのようですので、まさか5D行くとは思ってもみませんでした。流石です!(笑)

ところで、いいですよね。5D(笑)
私は久々満足してるデジタル一眼です。
nikonのDK17Mをつけるとさらに良いですよ~!

投稿: shingai | 2006.02.21 21:57

>farfarsideKさん
いえいえ、了解いたしました。リンク修正しておきますね。

>asoくん
フルサイズはデジタルでも大ボケするのよ。もしかしたら、デジタルのほうがボケは大きいかもよ・・・。早くいらっしゃい(笑)

>shingaiさん
デジタルに関してはもう麻痺していてただの大バカものなんですよ・・・(笑)。
1Ds2は大きく重く威圧感がありすぎて実は仕事オンリーなんです。しかもスクリーンをよ~く見比べると5Dのほうがボケが少しだけ大きく、忠実かもしれません。普段使うのは持って歩けて撮れるというのが大事ですよね。(ただの根性なしですが・・・)

でも5Dは予想以上にいいカメラでした。う~ん、DK17Mですか?shingaiさんほど器用じゃないからなあ・・・。

投稿: itamura | 2006.02.21 23:18

はじめまして。
 DK-17M を検索して、このブログを拝見しています。
 
 Ec-IIとDK-17Mを、1Dmk2につけていましたが、鑢の削り方がすぎて、すかすかになっていたため、落としてしまいました。

 きっちり作れば、ファインダ内も大きくなり(若干情報表示がケラれますが)、みやすくなります。

これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: hogerattan | 2006.03.05 10:30

>hogerattanさん
初めまして、ご訪問ありがとうございます。
5DではDK-17MとDK-21Mの両方を試したのですが、やはり視野のケラレが気になって結局ノーマルのままです。

私の場合、1系はAFオンリーでそれほど不自由していないので試していませんが・・・。

こちらこそよろしくお願いします。

投稿: itamura | 2006.03.05 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/8743013

この記事へのトラックバック一覧です: スーパープレシジョンマットの威力:

« Comeback Carl Zeiss・・・ | トップページ | コンタックスの極楽堂 »