« いつのも正月風景 | トップページ | バベルの塔? »

2006.01.05

ワイドが喜ぶルミエール

0105
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens

正月ボケ(別にボケるほどではないですが)を締める意味で今年、積極的に使っていこうと思っているGRDのモノクロ。ワイドでさらにレンズ性能がいいとなかなか味わいのある絵になります。

ここは様々なテクスチャーが複雑に絡み合った空間で私の好きな場所です。朝はズームイン!なんて言ってるところですが・・・。

東京でもここのところ、厳しい寒さが続いていて今日なんか寒いのなんの。でもこういう時期はワイドが喜ぶルミエールといったところでしょうか・・・。

|

« いつのも正月風景 | トップページ | バベルの塔? »

コメント

GR DIGITALは、コンデジでは、やはり頭一つ抜きん出てますよね。当初はデジ一眼と比べられてあれこれ言われてましたが、ハイエンドコンパクトとして見たら申し分ないですよね。
ただ価格をもう少し下げて欲しかったですけど(笑)
ちなみに、来月に出るコダックの2眼デジカメは、トータルでは頑張ってはいるんですがGR DIGITALとは基本性能が違いますよね。
レンズは言うに及ばず、質感も画像を見た限りでは価格相応という感じですね。
画質も屈曲光学系レンズを使っているので厳しいでしょうし、湾曲もソフト的に補正しないといけないぐらいあるんでしょう。
それでも、レンズが出っ張らないコンパクトで23mmF2.8単焦点は貴重ですね。
あとはコダックカラーが再現されていればもっといいですが・・・。
イタムラさんの人柱を期待しております(笑)

投稿: Helios | 2006.01.06 09:09

追記ですが...例の2眼デジはカメラ内で3枚まで画像マッチングしてパノラマ写真つくれるんですね。これってなにげに凄いような気が。画角180度行くんじゃないですか?
ロール紙に長尺で出力とかも面白そうですね。

投稿: Helios | 2006.01.06 11:47

GRD+ワイコンですか。。。こんな描写をするんですね。
こりゃ凄いですね。
僕もですね。デジではありませんが、今年は21mmに挑戦しようと思ってるんですよ^^
勉強させてくださいね!

投稿: echoizm | 2006.01.06 22:01

>Heliosさん、こんばんわ。
実はGRDのおかげで、手持ちの銀塩コンパクト軍団の出番がなくなってしまい、うれしくも悲しい状況です(笑)
コダックのコンデジはイマイチ狙いがよくわからないところがありますね。飛び道具が多くて革新的なのか、単なるギミックなのか?実際に実物と画像を見てみなければなんとも言えませんが・・・。人柱ですかあ?ダメですよ~。ここのところハメを外しすぎているのでさすがにしばらくはおとなしくしているつもりです(笑)

>echoizmさん、こんばんわ。
GRDのワイコンは画質がまったく落ません。歪曲もほとんどないし、驚きです。元の28mmが優秀なんでしょうけれど。このカットは少々のレタッチ(露出を切り詰めるくらい)をしていますがGRDの絵はレタッチしがいのある画質です。コシが強いというか、とにかく使い甲斐のあるヤツですよ。

投稿: itamura | 2006.01.06 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/8023579

この記事へのトラックバック一覧です: ワイドが喜ぶルミエール:

« いつのも正月風景 | トップページ | バベルの塔? »