« タイムマシンのような感覚 | トップページ | A HAPPY NEW YEAR 2006 »

2005.12.31

私的カメラオブザイヤー2005

1231

一昨年から、私的カメラオブザイヤーを大晦日にやっています。って勝手にやっているのでどうでもいいことですが・・・。基本的には自分で購入した中でのセレクトなのでかなり偏見もありなのですが。一応1年の締めとして。ちなみに2003年は「CANAON EOS-1Ds」、2004年は「EPSON R-D1」でした。

今年は銀塩にも復帰してしまい、正直迷いました。ただ、あくまでデジタルメインの自分としてはデジタルで選ぶと言うのが主旨なのでそのモノサシで決めました。

で、やはりこれしかないかなと。伝説化してしまった先達や前評判のプレッシャーにも負けず、デジタルで見事に復活したRICOH GR DIGITALです。

出かけるときはいつも胸ポケットに入れ、サッと出してサッと撮る。紛れも無くGRです。画質も当初は賛否両論ありましたが、改めてレンズの力を思い知らされたカメラでもあります。

ワイコンをつけても画質が一切落ちないことも特筆モノで、その各種収差がよく補正されたレンズとマニュアル露出、RAW+JPGの同時記録が可能というスペックはここだけの話?ですが仕事でも十分通用しました。

デジタルの一眼タイプに関しては今年も大きな飛躍の年でしたが感心が銀塩とレンジタイプに行ってしまったためしばらく静観です。来年あたりは大きなブレイクスルーがあるような予感もしています。

ということで今年も今はなきCJ風でGRDのお姿を。(ちなみにこのカットはライバルのD-LUX2で撮ったものです。このカメラも実はかなりレンズも良くて高画質のいいカメラです。相手が悪かったですねえ)

それから、こんな物欲の塊のようなブログに訪れていただいた皆さん本当にありがとうございました。良くも悪くもブログがひとつのリズムになった1年でした。

来年も懲りず?にこの姿勢は続けていきたいと思いますが、もう少し中身の濃い、そしてみなさんが感動するような写真を(これは永遠の課題ですね・・・笑)お見せできたらと思っています。

それではみなさん、良いお年を。

|

« タイムマシンのような感覚 | トップページ | A HAPPY NEW YEAR 2006 »

コメント

itamuraさん、こんにちは。
今年一年いろいろとお世話になりました。
今年はGRDの発売が大きな話題でしたね。もともとitamuraさんとはGRが縁でお付き合いさせていただいたこともあり特に印象深いです。
世間様ではあれこれと必要以上にいじられてしまい、少し「?」な思いもしましたがコアなGRファンたる我々はそれに動じることなくGRDを使いまくりましょう。

来年はカメラ、写真に限らずいろいろとお話いたしましょう(笑)。
今後ともよろしくお願いしますね。

投稿: Shig | 2005.12.31 13:26

itamuraさん、こんにちは。
このまま、こちらにコメントさせて頂きます。
まったく同じ締めくくりで、笑ってしまいました。
今年は、GRDの登場で高性能コンパクト元年のような気がします。
やはりEOS KISSnなど一眼レフが低価格化した現在、ハイエンドコンパクト機の居所が無くなり、こういった一芸モノのカメラの存在が求められるところでしょうか。GRDも余裕があれば手に入れたい思っています。実はGR21Dなんて出して頂けると速予約なのですが...。
また、来年もよろしくお願いいたします。

投稿: takahashi | 2005.12.31 15:42

こんにちはー。D-LUX2もかなり良くて私もランキングに入れようかどうか迷いました。しかし同じくですが相手が悪かったですね(笑)かなーり面白いカメラだと思います。手ぶれ防止が殆ど効いてない気もしますが(笑)来年もどうぞよろしくお願いします!

投稿: shingai | 2005.12.31 16:24

itamuraさん
ありゃま、というかやっぱりGR-Dですか。来年もいろいろ見せて下さい。いっつも楽しみにしています。>THROUGH THE FINDER

投稿: photoseason | 2005.12.31 18:50

>Shigさん
今年、Shigさんと出会ったことは私にとって大きな事件?でした。(笑)ウェブの世界で知り合い、意気投合し、お話が出来るなんて夢にも思いませんでした。本当にありがとうございました。GRDは多くの「分った人」たちが高く評価しはじめていますね。おそらくこれから作品と呼べるものが世に多く出てくるでしょう。私もこのカメラの可能性ととことん勝負してみようかなあと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

>takahashiさん
やはりGRDは紛れも無くGRでした。今年のデジタルカメラ界にとってエポックメイキングなモデルでしたね。GR21Dは私もあればなあと思っていました。ワイコンを付けたり取ったりが面倒くさく、そのためGRDをもう1台ワイコン専用になんていう大それたことも考えました。(ほんとオバカ、笑)でもD-LUX2で無理になりました。(当たり前!)来年もよろしくお願いいたします。

>shingaiさん
あ~っそれ私も感じてました。手ぶれ補正って本当に効いてるのかなあ~と。分らないように効いていると信じてますが(笑)D-LUX2はデジカメのデザイン大賞があれば間違いなく最有力のグランプリ候補でしたねえ。えっデザイン大賞?自分で言ってこれってありかなあと、来年は同時にデザイン大賞もやろうかなあ・・・。とにかく来年もよろしくお願いいたします。

>photoseasonさん
楽しみだなんてありがとうございます。励みになります。GRDは銀塩ファンとデジファンとをうまく結びつけるある意味エポックメイキングなカメラですよね。私も含めみなさんがトップにランクするのも当然かと思います。そういう意味でもphotoseasonさんの北国からのGRDによる素晴らしい写真の数々を来年も愉しみにしております。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: itamura | 2005.12.31 19:50

itamuraさん、こんにちは。
昨年こちらのブログを知り、色々と参考になるエントリを拝見させていただきました。今年もよろしくお願いいたします。

私的カメラオブザイヤー2005となると、僕もやはりGRDになります。コンパクトデジタルで、ここまで写真を撮る楽しさをきっちりと味わえるカメラである点は、自分にとってかなりのインパクトでした。一眼等と比べても、あまり割り切りを意識せずに使えるというか。

2006年もこんな、使っていて嬉しくなれるようなカメラが出てくると良いですね。

投稿: masaru muto | 2006.01.04 17:07

>mutoさん、こんばんわ。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
私の周りのブログ仲間でもGRDを推す人ばかりの2005年でした。それでもきっとデジタルの進化はとまらないのでしょうねえ。今年もGRD以上のモノが出そうな予感・・・。個人的にはPro1をなんとかして欲しいのです。キヤノンに!mutoさんも同じ意見ですよねえ。(笑)

投稿: itamura | 2006.01.04 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/7908111

この記事へのトラックバック一覧です: 私的カメラオブザイヤー2005:

« タイムマシンのような感覚 | トップページ | A HAPPY NEW YEAR 2006 »