« 亡きブランド「MINOLTA」に燃える-TC-1 | トップページ | NEXT R-D1 »

2005.10.09

SUZUKA F1GP UP&DOWN?

1009
EPSON R-D1 with M-ROKKOR 40mm F2

今日も写真からは少し離れてF1ネタ。

結局、マシンの差というのは埋めがたい差なのだ!これが今日のF1鈴鹿の印象。琢磨はまたしても運がないというか、はたまた未熟なのかは分からないが、せっかくの5番グリッドも一瞬で最後尾に。その瞬間、「またかよ!まったく!」と叫んでしまった。

その後はテンションも上がらず、仕方ないからそのままなんとなくレースを見ていた。ところがレース終盤になって俄然、面白くなってきた。初の生中継にも関わらず、琢磨がほとんど写らないストレスをシューマッハ、アロンソそしてアンビリーバブルなライコネンのスーパードライバーたちが救ってくれた。

このレベルのドライバーが本気でバトルすると世界一オーバーテイクしにくいサーキットと言われるスズカでも抜きつ抜かれつができるものだ。レースとしては久々に堪能させてもらった。琢磨は残念だったが、なんかBARとはもうウマが合わないのじゃないかな?と疑ってしまうくらいに何もかもうまくいっていない。多分、中国GPでもダメだろう。早く新チームで新たなスタートをきったほうがいいのかもしれない。

それにしてもマクラーレンとルノーのマシンは他とは次元が違うほどの走りだった。解説の亜久里も言っていたがこのくらいのマシンになるとグリッドなんか全然関係ないに等しい。昨日の予選の不運なんてまったく影響なし。アロンソなんてあのシューマッハを余裕で抜いていた。

レース前は盛り上がった日本勢のホンダもトヨタも、もっと戦闘力のあるマシンを持ってこないと勝負にならない。来年はV8に変わるのでそのあたりが日本勢には有利に働くことを願うしかない。オールホンダチームもやっと誕生するのに素直に喜べない。100レースも走ってやっぱり優勝できないイケメン野郎とフェラーリを首になったロートルブラジリアンじゃねえ・・・。

個人的には今年のF1シリーズはもう終わった感がある。来年のHONDA 2nd Teamに期待しよう。ハア・・・。

※追伸、たった今、ニュースで今回の琢磨の鈴鹿での成績(13位)は抹消とのこと。トゥルーリとの接触事故がその原因だそうな。なんともはや・・・。今年はあまりにも似たようなことが多くて本気で琢磨の精神状態が心配になってきた。昔はあの程度の接触事故なんて普通にあったのに。全てが変わってきたのかなあ・・・。

|

« 亡きブランド「MINOLTA」に燃える-TC-1 | トップページ | NEXT R-D1 »

コメント

琢磨君は今年特に裏目に出ているようです。来年は心機一転頑張って欲しいものです。

日本グランプリ史のブース、間隙をぬって行ってきました。さすが決勝日整理券を配るくらいの盛況でした。ノクチ持って行って正解。10数分で1本撮りました。上手く写ってくれたらいいのですが・・・・。
今日の写真と同じところからも撮ってました。さて仕上がりはいかに・・・・

投稿: Shig | 2005.10.09 22:27

>Shigさん
琢磨は残念でした。その上、真のトップドライバーとの差をまざまざと見せ付けられて今日は軽いショックすら覚えました。

そうですか、あのブースにShigさんも行かれましたか?4日ほど前に同じところを駆けずり回っていました。(笑)

う~ん、おっしゃるとおり、あの場所、あの暗さはノクチにピッタリ、きっと威力を発揮したでしょうね。凄い写りが想像できます・・・。

投稿: itamura | 2005.10.09 23:08

M・シューマッハが後ろを走っているのが寂しかったです。
マシーンの問題か、彼の問題か、そのどちらもなのか知れませんね。

こんな光景は以前にも見た記憶があります。
セナが優勝圏内に入れなくて後方を走行している光景です。
(この時もレギュレーションの変更にマクラーレンが着いて行けなかった時でした。
パワーだけでは勝てない雨のレースでは強いセナを見れましたが。)

その時の先頭は若きM・シューマッハでした。
時代が一回転するのでしょうかね。

投稿: mimi | 2005.10.10 00:49

>mimiさん
私の周りにはセナ・プロ時代からF1を知っている方たちが多いのですね。(笑)確かに時代が変わる気がしますね。

おそらく、今年もしもシューマッハがすんなりチャンピオンを取っていたら、そのまま引退するような気がしていました。

けれども、若い新チャンピオンにやられて、このままでは終われない的なモチベーションがまたもたげてきたのかな?とも感じています。

投稿: itamura | 2005.10.10 19:20

itamuraさんがこのブログで紹介してくださったおかげでこのブースを見ることができました。
幸いレース直前の30分は第一コーナーからシケイン空いていましたので駆け足で入場しました。

昔からのモーターファンにはたまらないコレクションですよね。もうスーパーカーを撮る少年のように撮りまくりました。itamuraさんの撮られた写真はあらかじめ見ていましたので「プロと同じようには撮れないのだから自分なりに」と工夫しようと思ったのですが、好きなものを撮ると平凡になるいつものクセが出て、なんか同じような構図を連発していたような・・・。
でもすごく楽しめました。ありがとうございました。

投稿: Shig | 2005.10.10 23:26

>Shigさん
1コーナーからシケインまでは結構遠かったでしょう?わざわざお疲れ様でした。関係者として感謝いたします。(笑)

仕事でしたが、私はやはり昨年の琢磨のマシンに釘付けになってました。昨年の活躍は今年を考えると悲しくなるくらい輝いていましたから。このままでは終わらないと信じていますが・・・。

いえいえ、マシンを見る目はほとんどShigさんと一緒です。実は本番撮影の前、1時間ほど待ちの時間があって、その間にブラブラとR-D1で100カット以上も撮って、居合わせた関係者に呆れられました。しかも、間近から舐めるような格好だったので、周りからは何をやってるんだか?的な視線で見られていました。

でも、ホンダファンとしてはシアワセなひと時を過ごせました。

投稿: itamura | 2005.10.11 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/6322621

この記事へのトラックバック一覧です: SUZUKA F1GP UP&DOWN?:

« 亡きブランド「MINOLTA」に燃える-TC-1 | トップページ | NEXT R-D1 »