« SUZUKA F1GP UP&DOWN? | トップページ | 「時間」という切り口 »

2005.10.11

NEXT R-D1

1011
EPSON R-D1 with M-ROKKOR 90mm F4+LEITZ SHOOC

約20年という時を越えて手元に揃ったM-ROKKORトリオを見ていると、世の中には優れたレンズがまだまだたくさんあるのだなあ、と痛感します。がしかし、肝心のR-D1が時を経て逆に日に日にカメラとしての未成熟な部分が気になり始めてきました。

昨年の今頃だったと思いますが、エプソンの技術者の方とお会いする機会があって、R-D1のこと、後継機のこと、セカンドモデルのことなど色々とお話をしました。その中でしばらくはR-D2は作らないというようなニュアンスのお話をされていました。

そのときは「そりゃあそうですよね。そういうカメラですから・・・」と納得していたのですが、発売後はや1年以上が経ち、しばらく後継機はないものと思っていましたが、ここへ来てあの「Zeiss Ikon」が発売されるに至り、もしや・・・という期待感が膨らんできました。

それはもしもR-D2があるならば、そのベースは「Zeiss Ikon」が理想的に思えるからです。R-D1は本当によく出来たデジタルカメラです。古今東西のレンズの味をこれだけ忠実に再現し、かつノイズがど~のとかCCDがど~のとか言うようなユーザーは皆無なほど自然な絵作りでまったく不満はありません。

しかし、ボディは正直、不満だらけです!簡単に剥がれる塗装、すぐに浮いてくるグリップラバー、アバウトなブライトフレーム、意味の無い段差やカーブが多いちょっと疑問のディティールデザイン、ライカやヘキサーRFのようにはならなかったのかホットシュー・・・。

挙げれば次々と出てくるのですが、長く使い込んでくるとこういった部分が目に付き始めます。息の長いモデルにしたいと技術者の方は言っていましたが、こういう状況になるとそれに対してメーカーとしてはどう対応していくつもりなのでしょうか?1年足らずでボロボロになってしまうカメラで「息の長いモデルでありたい」というフレーズはもう通用しないでしょう。

コシナとの共同作業で出来上がったR-D1。ベースボディは新規と言っても明らかにR2がベース。今のR3Aの質感とはかけ離れています。発売時はそれでもこういったカメラを作ったこと自体がパイオニアとして賞賛されました。しかし、時代の歩みは想像していた以上にR-D1を取り囲むレンジファインダーの世界を変えました。

今回のイコンの開発陣にはCLEの開発に関わった技術者が陣頭指揮を取っています。そしてはっきりとイコンはCLE、R3Aなどのノウハウが少なからず受け継がれていると明言されています。つまり、今回のイコンは言わば国産の電子式レンジファインダーカメラの集大成とも言えるのではないでしょうか?

それはとりもなおさず、レンジファインダーデジタルカメラの最良のベースボディということになります。もしもイコンベースで中身がR-D1のデジタル部が合体すれば、そのまま通用する最高のレンジファインダーデジタルカメラが誕生します。想像しただけでもゾクゾクしてきます。(もちろんそれほど簡単なことではないのは承知しているつもりですが・・・)

意味の無い画素数アップや小型CCDの採用、ましてフルサイズCCDの採用など一切必要ありません!今のR-D1のデジタル部を少々ブラッシュアップし、ボディを変更して価格を2/3ほどに下げた次期モデルが実現できないものですかねえ・・・。塩原さん!枝常さん!そうしたら、イコンやGRDがこれほど注目される今の時代、飛びつくユーザーも多いと思うんですが・・・。

発売と同時に購入し、1年以上の間、ほとんど毎日使い続けた一ユーザーの切実な?「独り言」です。

|

« SUZUKA F1GP UP&DOWN? | トップページ | 「時間」という切り口 »

コメント

1年でぼろぼろですか~。それはキツイですねえ。ベッサRやTも同じなんでしょうね。いつか出るでしょうけど、早すぎるとイコンが売れないでしょうし、タイミングも難しそうですね。

投稿: ぎえもん | 2005.10.12 18:47

>ぎえもんさん
お久しぶりです。短期間でボロボロは私の周りのR-D1ユーザーでは結構多いです。みんなクラカメ状態です。中身は本当に素晴らしいのでなんとも惜しいところです。

投稿: itamura | 2005.10.12 23:37

はじめまして、Cielというものです。
ときどき、Blog読みにきてます。

私のR-D1も2ヶ月で角の塗装がはげてきてます。
ぜんぜんにハードには使ってないんですけど、おかしいなぁと思っていたのですが、他のユーザーさんもそうなんですね。
値段の割には悲しいです。

投稿: Ciel | 2005.11.06 18:33

>Cielさん
初めまして、ご訪問ありがとうございます。
R-D1ですが、塗装はとにかく弱いですね。一度、メーカーに送って塗り直したのですがすぐに剥げてきました。

その他、ラバーも浮いてきますね。値段のわりにはボディはチープすぎますよね。デジタル部がかなりレベルが高いのでホント残念ですね。

投稿: itamura | 2005.11.07 01:01

私のR-D1も大切に使っているとは言いがたいとはいえ1年4ケ月で塗装はげと傷だらけです。でもアンケートでいただいたケースに入れていたのでラバーはどうにか温存?できています。この進歩が激しい時代ですので、もはやいえそれほどのマーケットは無いでしょうが--。私自身プリンターもスキャナーもR-D1を購入を機会にC社からEpsonに変えて応援しています。是非、R-D2をZeiss Ikon のデジタル版にしてください。必ず必ず買います(笑)。価格は今と同じでもD200と同じくらいのグレードになればうれしいのですが--。

投稿: イチロウ | 2006.01.21 21:30

>イチロウさん、初めまして?ですよね。
R-D1は最近めっきり出番が減ってしまったのですが、その後に出たデジカメの画質をみるにつけ、R-D1の画質のよさを再認識します。Ikonも使っていますが、このボディにR-D1のデジタル部が入ったなら、いかにライカがMデジタルを出してきても相当なレベルでなければ太刀打ちできない!それほどIkonのボディとR-D1のデジタル部は完成度が高いですね。R-D1は今年の夏には発売2年になりますので何か動きが欲しいですよね。

投稿: itamura | 2006.01.21 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/6193969

この記事へのトラックバック一覧です: NEXT R-D1:

« SUZUKA F1GP UP&DOWN? | トップページ | 「時間」という切り口 »