« GRDスーパーショートインプレ | トップページ | GRDのGRレンズ »

2005.10.22

GRDのデザイン

1022_31022_11022_2
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens
@2005 Tokyo Motor Show : 赤ばかりだけどそれぞれ違う赤・・・。外付けではフレーミングが難しかった。

もうみなさん、ビックリするくらいGRDのインプレをスピーディにアップしていらっしゃるので、事細かな画質や操作感のことを書いても・・・と思い、1日フルに使ってみて、特にデザイン面のことが発表時とはちょっと違う印象だったので書こうかと思います。

まず、このGRDは本体のみですでにデザインが完結、かつ完成しています。しかも高いレベルで。当初、気になっていたレンズ周辺の枠は実際は本体のコンパクトさと対比してかえってレンズの存在感を出していてなかなか秀逸です。それからボディ上面の処理がうまくまとめてあると思います、特にストロボとカバー付のホットシューあたりはホットシューのない元祖GRシリーズを意識してかイメージを統一していてこのあたりは非常に上手いと思います。

それから、背面の2.5型の液晶、これも当初最近のコンデジによくある大きすぎてホールド自体に悪影響が?ということもなくちょうどいい感じだし、背面のデザインも積極的に液晶を使う気にさせるデザインだと思います。もっとも操作ボタン類はそれまでのリコー同様、ちょっとチープさは否めませんが・・・。

そして何より、操作にとっては一番大事な親指の納まり感も前面から繋がったグリップ感抜群のラバーが親指用に小面積ありますがこれが納め方が上手く、デザインが操作面に寄与している感じです。これってちょっと有るだけでも全然違うんですよね。

文字類もシルバーの2種類のトーンを使い、ブラックボディにうまくマッチさせてあります。ポイントのグリーンも効いていて、今までのリコーのコンデジ継承を主張していてボディ自体の梨地感とあいまってすごくいい感じだと思います。正面のGR DIGITALのロゴは少し窮屈かなあ・・・。

とにかく、本体のデザインはサイズが手になじむというか絶妙のコンパクトさでまとめてあるように思います。コンパクトと言えども大きすぎず、小さすぎないジャストサイズコンパクトであることは大事なことだと思います。

ちなみにこのGRDに慣れてしまうと元祖GRたちが大きく感じてしまいます。しかも、体感的な重さはGRDのほうがあるので密度感はGRDということになり、ここでも好印象です。

そしてアクセサリー類ですが外付けファインダーはこれも当初感じていたイメージとは違って、思ったよりコンパクトで悪くありません。ただ、もう少しだけさらにコンパクトで無駄な面や線がなければもっと良かったと思います。見え具合がコシナやイコン、ライカにもひけをとらない素晴らしさなので惜しいところです。

次にワイコンですがワイコン自体はまあ、こんなもんだろうと感じましたが、このGRDのアクセサリーの中でも最悪なのがアダプターとフードです。28mmと21mm兼用にしたせいかアダプターは良い雰囲気のGRDを台無しにしています。

装着はどのみち面倒くさいのだから、ニコンのようにそれぞれ専用にしてデザインオリエンテッドなものにしたほうが良かったのではと感じます。それからフードですが私はもともとフィルター類を一切使わないのでフードは必需品なのですがこの両方のフードはこのデザインではちょっと使う気にならないというのが正直なところです。

さいわい、GRシリーズのレンズはLマウントも含めフードなしでも性能が落ちないのでそれを信じて今回はフードなしで望もうかなあと思っています。というよりリコーさんには申し訳ないのですが28mmも21mmもフードなし、外付けファインダーなしのスタイルが一番いいような気がします。

つまり、外付けは使い勝手も見えも悪くはないのですが先ほど書いたホットシューカバーにより本体がかなりスッキリしたデザインになっていてこれとフードなしのレンズ部(ワイコン装着時も)とが妙に合っていてこれがベストビューなんじゃないかな?と思った次第です。

本音を言うと昨日モーターショーで外付けを使って必死でフレーミングしていたのですが撮影距離によってなかなか思うようなフレーミングにならず、まてよ・・・・と思い、液晶のみでフレーミングしたところ、当たり前なのですがまったく問題がなくなり、つまり、このGRDは見た目のデザイン面でも撮影時の操作面でも液晶を積極的に使うのがベストなんじゃないかなという思いに至ったわけで、そう考えるとフードなし、外付けなしが格好よく見えてきた訳でして。

イメージというのはいい加減なもので実際に使ってみると見方がまったく違って見えてくるもので特にカメラはその傾向が強いように思います。いずれにしてもリコーが元祖GRを意識してかつデジタル時代に新たなデザインの魅力的なGRを生み出してきたことに違いはありません。

1022_41022_5
RICOH GR DIGITAL with GW-1 wide conversion lens
@2005 Tokyo Motor Show : 夜でも手持ちで結構いけます、AUTOだと感度は154止まり?

最後にちょっとだけ画質(=レンズ?)のことですが、、メーカーサンプルなどで予想はしていましたが特筆すべきことはディストーションの補正!28mmはほぼ完璧、21mmでは若干残る程度でたとえ残っていても素直なので撮り方次第で十分仕事等でも使えることが分かりました。これほどの画質は一眼でもなかなかお目にかかれません。

やはり、GRDはGRの血を受け継いだ素晴らしいデザインのデジタルカメラでした。

|

« GRDスーパーショートインプレ | トップページ | GRDのGRレンズ »

コメント

おおおっ!GG50にF430!Breraもカッコイイ!
GRDの外付けファインダーはやはりパララックスが残っていて、車のようにほんのわずかな角度で表情を変える被写体は難しかったのではないでしょうか。
僕は外付けファインダーを付けたスタイルも割と気に入っているので、ファインダーと液晶画面を併用しようと思っています。やはり、人を撮るときはファインダー越しに目線をぶつけたいのですが、広角めいっぱいきっちり使う画なら液晶のほうが格段にやりやすいでしょうし。
GRのロゴは、一回り小さくして欲しかったですね!ワイコンのフードは僕も付けていません。さすがに真上や真下に光源があると小さなフレアが出ましたが、これだけ小さければ手でもハレ切りできますしね。

投稿: masaru muto | 2005.10.22 16:14

>mutoさん
フェラーリはほんと詳しく知らないんですが、オーラはビンビンですね。Breraはアルファ好きの後輩からこれは絶対良いですよ!と言われ、見てみたのですがこの面構え!気に入りました(笑)

外付け、おっしゃるとおり舐めてかかって痛い目に会いました。実はワタシも外付けスタイルで撮りたいのでmutoさんと同じ使い方になると思います。ワイコンでフードなしのスタイルは結構いけますよね。

今日もメッセだったのですが21mmの画質、最高です。シャッターがかなり遅くても手ぶれせず、キッチリ写ってますね。このクラスのレンズではないです。Lズームの開放より周辺などしっかりしていて、まさしくGRレンズですねえ。

投稿: itamura | 2005.10.22 19:54

昨晩は疲れていたこともあってひととおりいじってから寝てしまいました。
本日早速・・・・と思ったら外は雨。昼過ぎからゆっくりでかけることにします。
工業製品的にデザイン、質感ともにしっかりGRしていることにとりあえずホッとしました。いままで持ち味的な点でIXYを敬遠していましたがその点は及第点どころか大合格点です。
画質等に関してはいいか悪いかではなく相性でしょうね。他の「いかにもコンパクトデジカメ」という表現とどこまで差別化できているか楽しみです。
あまり焦らずに使い方も含めていろいろと試してみようと思っています。

投稿: Shig | 2005.10.23 10:43

>Shigさん
一昨日、昨日と2日間、仕事に同行させて一緒に試し撮りしてみましたが、画質は確かにおっしゃるとおり、好みもあると思いますが少なくともレンズ性能においてはダントツです。「明るい広角単焦点」というのは実はこの時点で他のコンデジと一線を画しています。

画面全体の画像の均一性、シャープさ、完璧に近い歪曲補正などレンズ部においては他を圧倒しています。

多少気になる点はダイナミックレンジの狭さくらいです。でもズームボタンでダイレクトな露出補正が可能なのでこれも使い方次第です。このズームボタンで露出補正はかなり操作性がいいです。マイナスぎみに撮るとGRらしさが出るような気がします。

とにかく、R-D1はもちろん、ライカでも一緒に持って出る気にさせる唯一のコンデジだと思います。

投稿: itamura | 2005.10.23 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/6510147

この記事へのトラックバック一覧です: GRDのデザイン:

» 極私的な東京モーターショーレポート。 [Kim’s Textbox]
http://www014.upp.so-net.ne.jp/quattro/ /tms2005に東京モーターショーレポートをアップ。 使用機材は全てOLYMPUS E-1 2.8-3.5/14-54 FL-50。 今回からは仕事としてTMSに関わらなくなったので、 RENAULT LUTECIA RS CONCEPT BMW CONCEPT Z4 COUPE NISSAN GT-R CONCEPT LEXUS LF-Sh ASTON MARTIN V8 VANTAGE BUGATTI VE... [続きを読む]

受信: 2005.10.27 15:24

« GRDスーパーショートインプレ | トップページ | GRDのGRレンズ »