« 「時間」という切り口 | トップページ | Ballpark of Dreams 2 »

2005.10.15

Ballpark of Dreams 1

1015

東京から約6時間、昔からの言い伝えで人生の汚れを洗い落とし生まれ変わることが出来るという神聖な山「月山」を越えて視界に飛び込んできたのは夢の野球場でした。

抜けるような北国の青い空。
ゆったりと優雅に流れる白い雲。
眩いほどの輝きを持つ天然芝。

かつて野球少年だった頃、こんな素晴らしいところでプレイができたなら・・・。

先乗りしていたスタッフと球場側の担当の方を1時間ほど待たせ、ようやく到着した私を出迎えたのは目を見張るような野球場でした。こんな素晴らしい野球場が日本にあったなんて。

日本海側に近い山形県鶴岡市の「鶴岡ドリームスタジアム」は球場もそれを管理するスタッフのみなさんも素晴らしいという言葉しか浮かばないほどの「夢の野球場」でした。

そこで見聞きした興味深いお話は明日以降へ・・・。

※CANON EOS-1Ds with EF16-35mmF2.8L (16:9 wide siseにトリミング)

|

« 「時間」という切り口 | トップページ | Ballpark of Dreams 2 »

コメント

16:9のトリミングは、D-LUX2購入への伏線ですか(笑)。
私は以前BALIの写真を天地を詰めてワイド版でWEBに掲載しました。
http://takahashi-design.com/bali2005/
人の目線からしてワイドサイズは新鮮でありながら自然な比率ですね。
私としてもD-LUX2は、明日にでも予約しようという勢いです。

投稿: takahashi | 2005.10.16 20:52

>takahashiさん
この天然芝の野球場をワイドレンズで撮っているとき、なぜかLX1の16:9の比率が浮かんできてその場で多少意識しながら撮影を終了し、戻ってからその比率で上下をカットするとその場のイメージに一番近かったもので・・・。

考えてみれば人間にとっては自然な比率なのかもしれませんね。そういう意味でD-LUX2は非常に魅力的ですよね。今週GRDが来る予定ですが、D-LUX2は11月15日ですか・・・。私も我慢できそうにないですね。(笑)

投稿: itamura | 2005.10.16 23:23

この間やっとで手に入れたベリワイド100が6×10のサイズで、16:9に近いですね。このレンズめちゃめちゃ凄い描写します。

投稿: ぎえもん | 2005.10.18 16:46

>ぎえもんさん
お久しぶりです。拝見してますよ~、ベリワイド。あんな風体であの描写ですもんねえ。あのエントリーの中のホースマンSW612を何度か使ったことがあります。描写は良かったんですが、確かにチャチでした。でも、お互いワイドには弱いですよね。(笑)

この16:9あたりは自然な感じで最近、ハマってます。

投稿: itamura | 2005.10.18 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/6410999

この記事へのトラックバック一覧です: Ballpark of Dreams 1:

« 「時間」という切り口 | トップページ | Ballpark of Dreams 2 »