« リコーのおバカ・・・! | トップページ | 晩夏の空気感 »

2005.09.09

去るもの。来るもの。

0909
Konica HEXAR RF with GR LENS 21mm F3.5
KR & EPSON F-3200

今日、コニカミノルタから正式にHEXAR RFの生産終了が告げられました。一時代を築いたちょっぴり不遇な大物が終焉を迎えました。今年はこういったフイルム時代に良きパートナーとして活躍してくれた名機たちが相次いで去っていく年です。コンタックス、TC-1のときにも同じような感慨を覚えましたが、とうとうHEXARも来たか。という感じです。

このHEXARもこういうときが来ることを予想して今年の初めに超底値のときに手に入れておきました。その後、積極的に使うというほどではありませんでしたが、これからゆっくりと付き合っていこうと考えています。当初は1/4000秒というシャッタースピードで大口径レンズと組み合わせてと考えていましたが、ワイドでパンフォーカスでAE、加えて巻上げもオートという快感にハマってしまって今はGR21mmが付きっぱなしになって出番を待っているところです。

来週にはGRデジタルの発表があります。その次期にこのHEXARの終わりが来るとはなんと皮肉なことでしょうか。これから来るツァイスイコンや今頑張っているコシナは今後どうなるのでしょうか?私たちレンジ好きのユーザーの気持ちとは裏腹にフイルム時代の完全終焉の足音はもうすぐそこまできているのでしょうか?

※2005年12月6日追記。このHEXER RFはZeiss Ikonと入れ替えで新しいユーザーへと旅立っていきました。あまり使ってやれず、残念でした。

|

« リコーのおバカ・・・! | トップページ | 晩夏の空気感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/5857675

この記事へのトラックバック一覧です: 去るもの。来るもの。:

« リコーのおバカ・・・! | トップページ | 晩夏の空気感 »