« My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-03 | トップページ | My Past Partners -NIKON COOLPIX 5000-02 »

2005.09.20

My Past Partners -NIKON COOLPIX 5000-01

0920_0

このカメラは傑作CCDとして誉れ高い2/3インチ500万画素CCDを搭載した初の本格的28mmニッコールレンズ搭載のデジカメでした。ワイド好きな私は発売後すぐにでもと思いましたが、どうにもスタイルが気に入らず、しばらく経ってからの購入でした。バッテリーグリップを常用して使っているうちにこのエグいスタイルがだんだん気に入ってきました。

標準で28mmからのデジカメは今では当たり前ですがこのときはこれしかありませんでした。その上、ワイコンを付けると19mm!という当時としてはスーパースペックなワイドデジカメでした。

このカメラでデジタルのワイド呪縛から随分と開放されました。今でもそうですが、光と影、色、トーンなどの「Composition」が好きです。被写体そのものでなくその場の空気を残したくて。その場合はやはり目はよりワイドになっていきます。

0920_10920_2

ところで上の写真、写真としてはしょ~もないもんですが・・・。そう私はすでにこのとき、デジカメに外付けファインダーを当たり前のように使用していました。

GRDに外付けファインダーはいかがか?と賛否両論あって今、外付けファインダーは注目のアイテムですが、その撮影スタイルはかなりイケるのです。格好だけじゃないか!と言われるかもしれませんが、素晴らしい見えの外付けでいい写真が撮れるような気がすることは結構大事なこと。写真を撮る行為なんてメンタルなものにかなり影響されるものです。

左がコシナの28mmです。ズームなのにこれで28mmしか使わない!という潔い気持ちで撮りまくっていました。右がライカのユバーサルです。19mmのときにこれも21の画角で無理やり撮っていました(笑)。外付けのときはズームは一切使用しないという感覚が当時はたまりませんでした。

今度のGRDにはライカのユニバーサルの21/24/28の画角がピッタリ!ちょっと大きいかもしれませんが、とにかくデジカメで外付けは当時からなかなかにイケるスタイルでした。

|

« My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-03 | トップページ | My Past Partners -NIKON COOLPIX 5000-02 »

コメント

はじめまして。R-D1ユーザーさんのblogのリンクを辿ってきました。
素敵な写真ばかりで、感動のため息をついております。

>ライカユニバーサルの21/24/28
私はR-D1+SWH 15mmの時に24の画角で無理やり使っています(笑
当初R-D1には少し大きすぎるかなあと思いましたが、
見慣れてくるとなかなか似合う気がしてくるのが不思議です。

投稿: ばくじい | 2005.09.21 23:50

>ばくじいさん
はじめまして、ご訪問ありがとうございます。また、作例ばかりなのにお恥ずかしい限りです。

R-D1は1年が過ぎたにも関わらず、あまり古さは感じず、予想どおり孤高のモデルになりつつありますね。ファインダー選びも楽しみのひとつですよね。

このファインダー、実はこの後、手放してしまいまして今になって惜しかったなあと後悔しています。見えはどの焦点も本当に素晴らしいですよね。さすがライカです。たしか写真家の柴田三雄さんも同じファインダーお使いですよね。また、買い戻そうかなあ・・・。

投稿: itamura | 2005.09.22 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/6018331

この記事へのトラックバック一覧です: My Past Partners -NIKON COOLPIX 5000-01:

« My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-03 | トップページ | My Past Partners -NIKON COOLPIX 5000-02 »