« My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-01 | トップページ | My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-03 »

2005.09.18

My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-02

0918_1

「時代はデジカメ!鮮麗!200万画素デジカメ!」1999年当時はまだ月刊化されていなかったデジタルカメラマガジンVol.11の表紙のキャッチコピーです。

「211万画素、1/2インチ補色系CCD。光学3倍ズームで35mm換算35~115mm」今では携帯でも近いスペックですが、当時は発売直後2ヶ月以上手に入らないほどの人気モデルでした。価格も定価125,000円、実売99,800円!(これに比べればGRDなんて安い安い!)

このカメラはNIKONが本腰を入れて作った初のコンパクトデジカメでその証拠にボディはマグネシウム製でフラッグシップとしてグリップ部に赤のラインが入り、当時のF5に近い雰囲気が漂っていました。もちろん絞り優先AE、シャッタースピード優先AEなども備え、スイバル式のオリジナリティ溢れるモデルでした。D1もほぼ同時にリリースされた頃です。

0918_2

そのコンパクトさと当時としては超高画質のこのデジカメを毎日、嬉々として持ち歩き、仕事にプライベートに活躍してくれました。ワイコン、テレコン、フィッシュアイとコンバーター類も全て手に入れ、システムカメラとしても一眼なみのカメラでした。今、改めて画質を見るとさすがに解像感やシャープさはそれほどではありませんが、キリキリとした変なシャープネスはなく階調が緩やかな良質な画質で、何か安心感にも似た感覚を覚えます。

現在、よく言われている極小CCDによる弊害など夢にも思わなかった頃です。このカットは仕事柄、モーターショーなどで重宝したワイコンで撮ったものと、プライベートでテレコンを使って愛猫を撮ったものです。ワイコンのほうは当時としては仕方ないのでしょうが歪曲が酷くこういった撮り方でごまかすといった感じでした。テレコンはさすがにNIKON!ボケもキレイでシャープさもあってなかなかのものでした。

今となっては立派なクラデジですが、デジタルの進化とは?デジタルの画像とは?を改めて問いかけてくるデジカメです。実はこのカメラが創り出した絵が私のデジカメフィーリングの原点でもあります。フイルムを併用しながらも、新しい世界を体験することの大切さを教えてくれたカメラです。

|

« My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-01 | トップページ | My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/5997237

この記事へのトラックバック一覧です: My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-02:

« My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-01 | トップページ | My Past Partners -NIKON COOLPIX 950-03 »