« こんなのも撮ってた? | トップページ | GとM »

2005.08.27

M-ROKKOR 28mmF2.8

0827_10827_2
EPSON R-D1 with M-ROKKOR 28mm F2.8

念願の28mmを手に入れた。M-ROKKOR 28mmF2.8。評判はどの雑誌を見ても絶賛ばかり。あのエルマリートやGR、G-ROKKORをも凌駕する描写性能らしく、しかも軽量・コンパクト。とくれば広角好きの自分が気にならないわけがない。中古フェアのたびに気にしていたがこのレンズだけは玉自体はあるものの程度と価格がピンからキリまででなんとも悩ましい。全部見るわけにはいかないし、でも見ないと分からないしでいつも面倒くさくなって後回し状態だった。でもいつかは・・・と思っていた。

今日、そんな気はなしにいつもの中野方面へ。で、なにげにウィンドウを見ると1本だけある。なんの抵抗もなく「これ見せてくれますか?」と手に取ったモノはまるで新品のよう。向学のために色々と店主に聞くと、この玉はまず、レンズが曇っているものが多く、さらにピント指標などの白文字が薄くなっているものが多いそうだ。写り自体にはあまり影響はないらしいが、やっぱりその辺は気になる。選んだものは店主曰く、かなり程度は良いそうだ。専用フードもキレイ。気に入ってしまった。

このあたりの精神状態は他の方たちも経験がお有りかと思うが、見て触れてフィットした時が買い時だと思う。今まで何度もこの玉は見て触ってきたがこういう感覚はなかった。中古との出会いはこんな感じが多いと思う、バイオリズムがフィットするというかそんな感じかな?実際の描写性能は後日と言いたいがR-D1でそれはないだろう!ということで店を出てから家に着くまでバシャバシャ撮った感想。

第一印象は開放から絞ったときのズマリットのよう。つまり柔らかな味を持ちつつ、線は繊細できっちりと解像している。ライツ時代の味わいに似ている。R-D1と28mmのセットでよく経験した周辺光量落ちは皆無!本当にまったく無い!もっとも最新のビオゴンやエルマリート、ウルトロンなどは多分周辺落ちなんかないはずだが、やはり評判どおりのレンズ。しかもしつこいようだが軽くてコンパクト。フードもかわいいのなんの。

最近、個人的には軽量・コンパクトという志向がますます強くなってきた。歳かもしれない。改めて感じたのはR-D1には小ぶりなレンズのほうがやっぱりよくフィットする。ということでなんだかんだと理由をつけてますが結局は物欲に負けてしまいました。R-D1の沼は深い・・・。

|

« こんなのも撮ってた? | トップページ | GとM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/5664316

この記事へのトラックバック一覧です: M-ROKKOR 28mmF2.8:

« こんなのも撮ってた? | トップページ | GとM »