« シュール赤レンガ棟 | トップページ | 極めて欲しいもの »

2005.07.01

改めてSWH15

0701
EPSON R-D1 with SUPER WIDE-HELIAR 15mmF4.5

このスーパーワイドヘリアー15mmF4.5は自分にとってはR-D1の標準レンズと言ってもいいレンズ。しばらくすると必ずこのレンズに戻る。昨年、R-D1購入直後にシルバーを購入した。このレンズがなぜ標準レンズなのか?別に50mm相当という意味ではなくこのレンズが自分とR-D1には一番フィットしているから。そのコンパクトさ、焦点換算約23mmのワイドレンジ。外付けファインダーを使った潔い撮影スタイル、文句のない写り、リーズナブルな価格、などなど。そして何より、こういうシチュエーションで撮っても気づかれにくいし、素早い撮影が可能。普段、人を撮るのにオタオタしがちな自分にとって一番助かるレンズでもあるから。

このレンズを使うときに一番気をつけているのはあと一歩の踏み込み。被写体を決めたら、外付けファインダーを覗く、いいと思う構図が決まったら、シャッターを押す前にあと一歩踏み込む。そうするとかなりイメージに近い絵になる。コシナの専用外付けファインダーは悪くないのだがパースペクティブが実際の画像とはかなり差がある。それを見越してのあと一歩。今はなぜか?ブラックのSWHに変わっているが再びシルバーも手に入れて気分によってはシルバーとブラックを使い分けるのもいいかも。ツァイスのDistagon15mmがいずれリリースされるだろうがおそらく唖然とするような価格になるだろうから、R-D1にとってやはりこの15mmは貴重な存在だ。

|

« シュール赤レンガ棟 | トップページ | 極めて欲しいもの »

コメント

パーマンをねらったのですか?素敵な公園があるのですね。レンズのことは分かりませんが、造形的で好きです。

投稿: masaru aso | 2005.07.02 00:26

パーマン?な~るほど。全然気がつかなかった。見る人によってはまったく違う印象になるものだねえ。ここは公園ではなく、近くのコルトンプラザというショッピングセンター内の広場で子供たちの格好の遊び場なんだよね。日々の買い物ついでによくスナップするところなんだけれども相変わらず近場の被写体ばかり・・・。

投稿: itamura | 2005.07.02 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/4786927

この記事へのトラックバック一覧です: 改めてSWH15:

« シュール赤レンガ棟 | トップページ | 極めて欲しいもの »