« パナのプロハイスピードSD | トップページ | シュール赤レンガ棟 »

2005.06.23

なんちゃってズミクロン

0623
LEICA DIGILUX 2

DIGILUX2のレンズはご存知、VARIO-SUMMICRON。パナソニック製というのは周知の事実だが一応、ズミクロンということになっている。異論は多々あるだろうけれどこのレンズ、名前に恥じない意外と良いレンズだと思う。フレアカッターまで装備したオールガラス製の大口径マルチコーティングレンズは並みのデジカメ用レンズとは一線を画す。顔つきはズミクロンというよりもまるでノクチ。実際に撮った画像からはその本気度が伝わってくる。最高傑作との呼び声が高かった2/3型500万画素CCDとズミクロンのペアは長く付き合える。兄弟機のLC-1がいまだ現役でしかも価格もあまり落ちないのはこのデジカメが良い意味で孤高の存在になりつつあるからかもしれない。

最近はR-D1や銀塩コンパクトばかりだったので久しぶりに普通のデジカメモードに。マニュアルピントと単焦点でモノを見ることに慣れていた目にAFとズームは新鮮でラクチンだ。ただし、以前にも増してズームリングのグリグリはなくなった。ちょうど指標が28、35、50、70、90と打ってあるので言わば、28と35と50と90のズミクロンが4本あると思えばいい。マニュアルの絞りリングもあるのでその気にさせるし、最短は全域で0.3m。なんちゃってズミクロンっぽいがボケ味とかを気にしなければ程よいシャープさは本家ズミクロンと比べてもそれほどひけをとらない。いまだに見えないMデジタルまではこれがライカ製デジタルカメラということになるのだろう。

|

« パナのプロハイスピードSD | トップページ | シュール赤レンガ棟 »

コメント

目で見たものを、そのままその雰囲気に撮ったという感じに見え、とても興味のある作品です。モノクロ仕上げも合ってますね。
このような写真には、レンジファインダー式のコンパクトが良いんでしょうね。デジタルのコンパクトも面白そうですね。(何事も腕が必要なんでしょうが・・・)頑張ります。

投稿: masaru aso | 2005.06.24 13:17

一眼タイプは歳とともに用途が限られてきてますね。普段はレンジファインダーかコンパクトばかり。身近なものはそれで十分だし、一眼のあの威嚇的なスタイルは街中で持ち出す気にはなれませんね。最近ではレンジもコンパクトもデジタルでまったく問題なしだから、早くこちら側へどうぞ・・・。

投稿: itamura | 2005.06.24 21:47

はじめまして。Digilux2、私も以前使っていて、手放してしまったのですが、こうした素敵な写真を見るたびに買い戻そうかな、などと思ってしまいます。
今でも十分通用する良いカメラでしたね。

投稿: hawk | 2005.06.30 21:24

はじめましてhawkさん。
今となってはスペック的にも画質的にもはるかに越えるデジカメが多いのですが、このレンジ風というのはなかなかないので手放さずにいられました。このレンズが作り出す絵がオールドレンズ風だったりするときがあるのでそこにも魅力を感じています。R-D1を手に入れてから手放してしまいそうでしたが何とか踏みとどまっています。

投稿: itamura | 2005.07.01 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/4678477

この記事へのトラックバック一覧です: なんちゃってズミクロン:

« パナのプロハイスピードSD | トップページ | シュール赤レンガ棟 »