« 寄る楽しみ | トップページ | Only MP! »

2005.05.13

フィーリングが大切

0513_10513_2
LEICA MP with GR LENS 21mm F3.5 E100VS & EPSON F-3200
(モノクロ変換)

中央大橋や永代橋付近は銀座へ行った帰りなどにたまに寄りたくなる。ワイド好きには格好の構造美の宝庫。今ではあまり珍しくなくなったが10年ほど前は高級マンションが続々と建設され、日本離れしたその景観はトレンディドラマなどでよく使われた有名スポット。ワイドレンズのテストを兼ねてよく来ていた。

MPが入院から戻ってきた。早速、撮影に。ただ、なにがと言えないが以前とはなにかが違うような気がして?巻き上げの感触か?シャッター音か?おそらくトップカバーやその他のパーツを一旦、バラして組み直したはずだから微妙に違うのかもしれない。ライカ、特にMPはこのあたりのフィーリングが絶妙でM3に通じる部分がある。これは自分だけしか感じないのかもしれないがライカは天候や、こちら側の精神状態、撮影環境などでこのフィーリングが違って感じる唯一のカメラだと思う。シャッター音を聞き入っているだけでゴキゲンなカメラはやっぱりライカだけだ。微妙だがそのシャッター音も日々違って聞こえるときがある。実際はシャッター自体はくるっているわけではない。トップカバーが真鍮か否かで響き方が違ってしまうような実に繊細なカメラだ。このフィーリングだけは未だに実現できたデジタルカメラはない。R-D1でもまだまだ。今後も無理かもなあ・・・。

|

« 寄る楽しみ | トップページ | Only MP! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/4116146

この記事へのトラックバック一覧です: フィーリングが大切:

« 寄る楽しみ | トップページ | Only MP! »