« R-D1いまだ入院中 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2004.12.31

私的カメラオブザイヤー2004

1231
LEICA DIGILUX2

今年も押し迫った昨日夕方、R-D1が戻った。修理内容は
「ファインダーブロック交換、グリップラバー張替え、一部再塗装」
といった内容。ということで私のR-D1は新品状態になって帰って来た。
底蓋の再塗装も以前のように弱くないようで引きずってもすぐに
はがれるようなことはないみたい。ファインダーは直っているのか
どうなのか?う~ん。といったところ。でもこのカメラ、やっぱりいない
と寂しい。よ~く見直すとデザインは決していいとは言えないし、
見た目、装着レンズもなかなかピッタリ合うものが少ない。
写りはもう全く文句はないのだが、もう少しボディデザインがよければ
なあといつも思っている。惜しいなあ・・・。
R-D1がいない間、なんとなくMPとフイルムで過ごしていたが、
やはりデジタルの便利さは体に染み付いてしまったみたいで
なかなか撮影意欲が沸かなかった。

昨年から、私的カメラオブザイヤーを大晦日にやっているが今年は
やっぱり「R-D1」しかないだろう。なんだかんだといっても世界初の
レンジファインダーデジタルカメラだもん。それとこのズマリットとの
組み合わせで楽しませてくれた。この絞り羽根15枚の円形絞りは
いつ見てもわくわくさせてくれるし、ズミルックスなどとよく似た
開放ではホンワリ、絞ればシャープといった描写もデジタルによって
再認識され、クラシックの味わいとデジタルの新しさのコラボで
なんとシアワセな時代に生まれたのかと実感させてくれた。
ということで最後は今はなきCJ風でR-D1とズマリットを。
それではみなさん、良いお年を。

|

« R-D1いまだ入院中 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

shingaiでございます。昨年はどうもありがとうございました。本年も一つよろしくお願いいたします!こちらにはちょくちょくと遊びに来ていたのですがコメントもろくに残さずすみません。(^^;)

R-D1戻ってきたのですね!私も距離計調整とラバー張替え、再塗装をお願いしようと思ってます。あんな掲示板を運営しながら、最近フィルムに戻ってまして(^^;) いまのうちに出しておこうと思ってます(笑)

投稿: shingai | 2005.01.01 03:50

shingaiさん、明けましておめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

shingaiさんの掲示板やブログ、ちょくちょく拝見しています。実はshingaiさんのあまりのスーパーマンぶりにもうコメントすら残せないのが本音でした。yayoiさんやisayamaさんその他の方々、とにかくR-D1のユーザーさんたちは半端じゃなくすごい人たちばかりなので・・・。
私もR-D1不在中はフイルムしてたのですがデジタルで生ってしまっていて全然ダメです。
でもshingaiさんもお持ちのSWC。これを以前から最後のフイルムカメラとしていつかは、と思っています。

投稿: itamura | 2005.01.01 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/2425765

この記事へのトラックバック一覧です: 私的カメラオブザイヤー2004:

« R-D1いまだ入院中 | トップページ | 明けましておめでとうございます »