« モノクロ気分 | トップページ | ワイドレンズが喜ぶ天気 »

2004.09.28

ツァイスにびっくり!

0928.jpg
EPSON R-D1 with COLOR-SKOPAR 35mmF2.5PⅡ

先日、ノクトン40mmのクラシックが発表になった。
R-D1ユーザーの方たちはみなさん限定500本のモノコートを
申し合わせた?ように予約されたようだ。
私もそそられたが何とか思いとどまった。

ノクトン40mmとカラスコ35mmのPⅡは形が
似ていてフードもスリット入りの円形フード。
仕上げも黒ベースに赤文字のfeet表示で
雰囲気はなんか同じ感じ。
だから思いとどまったわけではないが
このカラスコの35mmPⅡがほんと良く写る。
薄くて軽くてこんなレンズがなんで?と思うが
超優等生レンズ。この35mmから想像すると
40mmもかなり良さげ。う~んどうしよう・・・。

と思っていたところ、諌山さんのサイトで
なんとツァイスからMマウントでボディとレンズが発売される
とのこと、いや~、ビックリした。なにがそんなにビックリしたか?

ビオゴン、ディスタゴン、プラナー、ゾナーとワクワクするような
レンズばかり、しかもあの21mmがある!!!
ここへ来てレンジファインダーの世界がとんでもないことになっている。
と言ってもかなりマイナーな世界ではあるのだが・・・

しかし、久しぶりに心の底から待ち遠しいモノが発表になった。
1Ds MarkⅡでは全然こんな気持ちにはならなかったんだけど・・・。

|

« モノクロ気分 | トップページ | ワイドレンズが喜ぶ天気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54816/1546080

この記事へのトラックバック一覧です: ツァイスにびっくり!:

« モノクロ気分 | トップページ | ワイドレンズが喜ぶ天気 »